1. トップ
  2. >
  3. 公演情報・チケット
  4. >
  5. CiaOpera!
  6. >
  7. Vol.4-砂川涼子 1

CiaOpera!

砂川涼子
Vol.4 -
砂川涼子

次々と新境地への意欲を燃やす砂川氏に、
その想いを聞く。

『ドン・パスクワーレ』のノリーナ、『蝶々夫人』『トスカ』のタイトルロール。年齢を重ね、経験を積んだ今だからこそ選択できた、新境地へのチャレンジ。「やれる。」「やりたい。」というパッションが湧きあがる。作品の切り替えのカギは、まず音楽。自分のベースとなる音楽をしっかり持ちながら、いい演奏をし、いい演技をし、共演の方々に一緒に仕事をしてよかったと感じてほしい。アルベルト・ゼッダ氏のスペシャルコンサートには、真摯に楽しく臨みたい。音楽教師になりたかった沖縄の少女は、大学で歌に目覚め、大学院で舞台に目覚め、「もっと歌が上手くなりたい!」と強く願ったときからオペラ歌手への道がひらけた。今は、丁寧で自然体な日常を心がけながら、声に、心に、磨きをかけたい。

今最も旬なアーティストのリアルな声や、話題の公演に関する臨場感あるエピソードなど、オペラがもっと楽しめること請け合いの情報をお届けする新コーナー「CiaOpera!」。第四弾は、『ドン・パスクワーレ』『蝶々夫人』『トスカ』「アルベルト・ゼッダ スペシャルコンサート」など次々とステージを控える砂川涼子氏に、出演作への想いや知られざる来歴・日常について伺いました。

今だからこそ、やってみたい。新役挑戦への情熱。

—まずは、びわ湖ホールでの『ドン・パスクワーレ』のノリーナ役についてお話を伺いたいと思います。これまで砂川さんが演じてこられたのは、悲劇に登場する薄幸のヒロインといった役が多かったと思いますが、今回は一転、ノリーナというテンションの高い役ですね。お客様のなかにも意外に思われる方も多いと思いますが、ご自身ではどう捉えていらっしゃいますか?

砂川涼子

そうですね、私にこれまで歌ってきた役のイメージを持ってくださっているお客様は、「えっ」と意外に思われる方も多いと思います。私自身、お話をいただいた時に「私でよろしいんですか?」と思いましたし。もちろん、ベルカント・オペラ(声の美しさを意識した声楽技巧。ドニゼッティの作品も含まれる)というひとつのくくりの中で考えれば、私も学生のときから意識しながら勉強してきたつもりなんです。比較的若いうちからいつでも、その時その時いただいた役に対してベースにベルカントのテクニックを意識してやってきたつもりですが、年齢も重ね、経験も少し重ねたこのタイミングでこの役に出会えるということは想像していなかったし、びっくりしています。歌えないことはないでしょうけれど、これまでデビューから歌ってきた役が悲しいお話が多く、病気で亡くなったり自害したりという女性が多かったので…すべてにおいて初心者です。(笑)

—まさに「新境地」ですね。今までの役と、具体的な違いは感じてらっしゃいますか?

藤原歌劇団「ラ・ボエーム」ミミ役砂川涼子

2014年 藤原歌劇団「ラ・ボエーム」ミミ役

ドニゼッティ、ベッリーニ、ロッシーニの作品が比較的軽やかな声の方が歌う役だとしたら、中でもこの役は音楽のなかに少ししっかりした部分もあったりするので、もちろんオプションとして高い音をたくさん出すこともありますが、そんなに自分の声とかけ離れてはいないかな、と思います。ただ大きな違いは、これまで歌ってきた役とノリーナの役と、楽譜をひらいたときの景色がまったく違うんです。ノリーナだけじゃなく、音符の数も多いし、言葉の数も多くて、目に入って来る景色が“黒い”んですよね。(笑)今まで歌っている役は、音を伸ばしたり、オーケストラと同じ旋律を奏でたりしているので、どちらかというと“白い”。(笑)見ていてチカチカするような、目から入って来る刺激を感じています。(笑)一刻も早く暗譜して、「今この高い音を出してる」というようなことをあまり考えずに、ちゃんと音楽を感じながら歌えるようにならないと、というところです。

—「楽譜の景色が違う」というのは面白いですね!見てるとチカチカ、クラクラする楽譜というのは、まるでせわしないドラマの内容やノリーナの性格そのものみたいですね。

そうなんですよ。例えば練習中にちょっとつまずいたとき、これまでの役だったら、テンションもゆっくり「あ、ごめんなさい。」みたいな感じだったのが、この役だと「ごめんなさーい!」になって、自分自身もそのテンポに乗るんです。

—素の自分も変えてしまうんですね!今回共演される方々は、こういった作品はご経験されているのでしょうか?

牧野さんは7月に日生劇場でも歌ってらっしゃいますし、須藤さんもイタリアで歌ったことがあるとおっしゃってました。エルネスト役のシラグーザさんももちろん得意の役でしょうし。楽しくなりそうなのは目に見えているので、素晴らしい皆さんと私も楽しめるように頑張らないとなぁ、という感じです。

—指揮者の沼尻さんとも、砂川さんは何度も共演されているのですね。沼尻さんの印象をお話しいただけますか?

沼尻さんは、歌手の呼吸をすごく感じてくださるし、演出についてもしっかり把握されて音楽を作って下さいます。演出家にも質問したり、とても熱心な方です。それに言葉数はそんなに多くないんですが、面白い方です。冗談を言ったりして、オペラを指揮するのを楽しんでいらっしゃいます。お約束として確認し合わなければいけないような部分はありますが、信頼のおける素晴らしいマエストロだと思います。またお会いできるのが楽しみです。

—合流するのが楽しみですね。話は移りますが、今回の『ドン・パスクワーレ』のノリーナもチャレンジな部分がある役ということですが、今後砂川さんは『蝶々夫人』と『トスカ』のタイトルロールを歌われると伺っています。この2役も、オペラとして通して歌われるのは初めてとのことで、これらの役に対するお気持ちをお聞かせいただけますか?

砂川涼子

まず作品について考えると、声の面、表現の面と、どれひとつ取ってもとても大変なことが待っているだろうなとは思います。もちろん、「大変だからやめる」ということも、ひとつの選択肢としてあるのかもしれないですよね。声に負担がかかるから、とか、表現が難しいかもしれない、とか。もう少し前の私だったら、そういった頭でいて受けなかったかもしれないです。ただ「何歳になったからこの役をやる」というわけでもないですけど、自分がこれまで歌ってきた中で、声の変化みたいなことを感じたんですね。お客様もそれを感じる場合もありますけど、歌っている本人はすごく敏感に感じるところで。「もしかしたら出来るかな」ではなく、「やってみたい!」と思える時期が来たかなと思ったんです。私の背中を押してくれたのは、今もご指導頂いている林康子先生が「自信があるならやりなさい。」とおっしゃったこと。「自信はないんですけど…」と私が言うと「じゃあやめればいいのよ。自信があるなら挑戦したらいい、声があるうちにね。」とおっしゃって。準備ができるなら挑戦してみなさい、という先生の言葉に心を動かされました。『トスカ』はオーディションがあったので、オーディションを受けるか受けないかもギリギリまで悩んでいて、結果は分からないながら万が一やらせていただくことになったときのことをすごく真剣に考えたんです。で、自信があるかないか、といわれるとない方に近いんですけど、「この役をやってみたい!」っていう、やりがいを感じるという気持ちがとても強かったんですね。ただきれいな声が出て演出家や指揮者に言われることをサラッとやるだけじゃなくて、その作品に対して自分がどれだけやりがいを持って参加できるかや、それと声も、これまでの自分の声と比べると、以前は大変だった部分が充実してきたり、表現にしてもほんの少しやりたいことが出来るようになったかなということを年々感じられるようになってきて、また公演自体が少し先だったので、準備する時間もある、と思ったんです。それで思い切ってオーディションを受けました。指揮者と演出家の方たちも素晴らしい方々なので、絶対この作品で、この方たちと一緒に仕事をしたいと思いました。

砂川涼子

2016年 東京文化会館オペラBOX「魔笛」パミーナ

「蝶々さん」に関しても同じことなんですが、この役を歌うことで声を壊してしまうなんて話も聞いていますし、恐怖ばかりがイメージとしてありました。林先生は海外で数えきれないぐらい「蝶々さん」を歌われて、並行してベルカント・オペラを歌われていたそうです。ベルカントのテクニックで歌ったから私は喉を壊さないで済んだ、とおっしゃって。だからやっぱり、テクニックを持ってしっかりと、大人になってから勉強するんじゃちょっと遅いから、若くて体力のあるうちに勉強だけはしてもいいと思う、ということをおっしゃって。先生のような一流の方と私を一緒にするなんておこがましいですけれど、先生のおっしゃったことを少し参考にさせていただいて、「この役だからこういう風に声を変える」ということではなく、自分の持っている声がその役を歌うのにすごくかけ離れているわけでなければ、解釈や表現の面でアプローチもできていくし、私なりの役がつくっていけるかなと思ったんです。さっきも話しましたが、これがまだ駆け出しで、舞台の経験もそんなにないときだったら、「私にはまだまだです。」とお断りしていましたが、今回は演奏会形式ということ、「一歩踏み出したい」「頑張ってみたい」と思う時期にこれらの役のお話が重なったのかな、と思います。

—それにしても、このように色々な役にチャレンジされるとなると、切り替えも必要になってきますよね。

そうですね。私の希望としては、今まで歌ってきたような役のイメージで私というものがあるんだとしたら、そのイメージをベースにしたいし、「あの人のこの役が聴きたい」と言ってもらえるのはとても嬉しいので、この先も何年も歌い続けられるようにしたいというのもありながらも、強い女性の役や、ノリーナのような可愛らしい役など、キャラクターとして色々なものが出来るようになればいいなということは、私だけでなく歌い手としてみんな思っていると思うんですよね。ただ巡り会わなければ機会もないので、このような機会はとても嬉しいです。

—実際役の切り替えをするときに、具体的にされることはありますか?

音楽がそれぞれ違うから、その音楽に入るとおのずとその人物を演じなきゃ いけないという環境になるんです。明るい音楽になれば、自然にそこに自分が向かって行く。まずはやっぱり音楽だと思います。いい歌を歌えていれば、そこに演技も自然と乗っかるというか。演技が先だと、声にも無理が生じると思います。舞台は見た目から入る印象は大きいんですけども、一番は耳から入って来る声の印象だと思うんですね。そこで演出家の方と歌い手や指揮者とでディスカッションが起こるのは当然のことで、演出家が「こんな見え方や演技がほしい」というときに、じゃあ歌う方としてはどんな呼吸でやっていかなきゃいけないかとか、そういうやりとりは大事になってくるんです。なので、切り替えというよりは、まず音楽をしっかりやっているつもりなんです。

—なるほど、それぞれ取り組んでいる音楽を自分のものにするということが、「切り替え」ということなんですね。

ゼッダ スペシャルコンサート びわ湖ドン・パスクワーレ
ページ上部