1. トップ
  2. >
  3. 公演情報・チケット
  4. >
  5. CiaOpera!
  6. >
  7. Vol.5-光岡暁恵・鳥木弥生 1

CiaOpera!

ゼッダスペシャルコンサート、カプレーティ家とモンテッキ家「光岡暁恵、鳥木弥生」
Vol.5 -
光岡暁恵・鳥木弥生

普段の交流から生まれる、
信頼感に満ちたドラマチックなステージ。

『カプレーティ家とモンテッキ家』では、プライベートでの仲の良さを活かして、信頼しあいながら、ファミリーのようなチームワークで舞台をつくれた。女性客を魅了したロメオの男らしさは、ジュリエッタの可愛らしさあってのものだった。12月に控える『アルベルト・ゼッダ スペシャルコンサート』でも、ふたりのデュエットやアリアは聴きどころ。88歳とは思えない、どこかロッシーニに通じるところのあるエネルギッシュなマエストロに、負けずについていきたい。プライベートでのふたりは、多芸多才。よく遊び、よく笑って、舞台での輝きを養う。

今最も旬なアーティストのリアルな声や、話題の公演に関する臨場感あるエピソードなど、オペラがもっと楽しめること請け合いの情報をお届けする新コーナー「CiaOpera!」。第五弾は、『カプレーティ家とモンテッキ家』の舞台を終えた光岡暁恵氏と鳥木弥生氏と共に作品を振り返り、またこれからの共演コンサートやプライベートについても伺いました。

お互いを引き立てあった“お似合いカップル”?9月の舞台を振り返って。

—今回は、まずおふたりが9月に出演された『カプレーティ家とモンテッキ家』について、振り返ってお話をお聞きしたいと思います。おふたりは今回ジュリエッタ役(光岡暁恵さん)とロメオ役(鳥木弥生さん)でしたが、これまでこのような形で共演された機会はありますか?

光岡)今回みたいに男女の相手役として共演して、デュエットもしっかりあったのは初めてですね!

鳥木)女同士としてもここまで一緒というのはないですね。たくさん登場人物がいる中のふたり、というのはありますけど。

—そうなのですね!では、初めての掛け合いはいかがでしたか?

鳥木)プライベートでは一緒にご飯を食べに行ったりもするので、近くにいるのもそんなに違和感はなかったですね。お互いの歌声も昔から知っていますし。

光岡)逆に、緊張感を持って一緒にオペラに取り組むというのが新鮮でした。いつもざっくばらんな間柄なので(笑)。そこから緊張感をつくって作品に臨むっていうのは、ひょっとしたら少し難しかったのかもしれませんね。

鳥木)そのへんは、暁恵ちゃんがまず稽古の始めにうまく距離をとってくれるんです(笑)。

光岡)あんまり親しくなっちゃうと役の気持ちが分からなくなっちゃうからね(笑)。

光岡暁恵、鳥木弥生

2016年 藤原歌劇団公演「カプレーティ家とモンテッキ家」ジュリエッタ役:光岡、ロメオ役:鳥木

—なるほど。稽古にはいつもそのようなことを意識して臨まれていたんですか?

鳥木)歌うこと自体がすごく大変な作品だったので、あまりなぁなぁで臨むと声にも差し障るし、冷静さを持って取り組もうとはしていました。

光岡)そうなんです。作品が作品なので、やっぱり個々で集中していかないと、それぞれアンサンブルという責任があるので。

鳥木)自分の仕事をきちんとできるような自己管理をしたうえで稽古をやろう、ということをチームでも話し合いましたし。

光岡)今日はこうやって色々と話ができるから、稽古のときよりもリラックスできるかもしれないですね。

鳥木)稽古中は、みんな空気で伝えあうよね。

光岡)無言の会話があったよね。もう一度一緒にやると、戦友ですから。

—以心伝心だったのですね。

鳥木)はい。元々親しいというのは、いい意味で信頼感がありましたね。絶対変なことはしないだろう、という。

—信頼感は大切ですね!今回は、特に恋人同士として接してみていかがでしたか?

光岡)楽しかったです。やっぱり鳥木さんは女性なので、女性の気持ちが分かる男の人を演じてくれるんです。距離のとりかたとか(笑)。

鳥木)やっぱり“距離”だね(笑)。

—本当に楽しそうですね!今回、鳥木さんのロメオがとても男前だったという評判を各方面から伺いました。

鳥木弥生

2016年 藤原歌劇団公演
「カプレーティ家とモンテッキ家」
ロメオ役

光岡)終演後にお客様と接する時間が設けられたんですが、目がハートマークの女性たちがいっぱいいたんです!

鳥木)友達も観に来てくれたんですけど、いつもは普通なのにそのときは私を見る目がハートだったんですよ(笑)。でも、私は昔からわりと男っぽかったし背も高かったので、「キャー」みたいに言われることもあったので、学生時代に戻ったみたいでちょっと懐かしい気分でした。

光岡)すごく楽しんで演じていらしたし、違和感がなかったんじゃないかなと思います。もちろん女性役もいつもキマってらっしゃいますけど、ロメオ役はのびのびと立ち振舞っている印象でした。

鳥木)女性役だと「女性っぽくしなきゃ」みたいなプレッシャーもあるんですけど、男性役は自然でしたね。

—目に浮かぶようです。ジュリエッタは、いつも通りの女性らしさで演じられていましたか?

光岡暁恵

2016年 藤原歌劇団公演
「カプレーティ家とモンテッキ家」
ジュリエッタ役

光岡)はい、もうロメオあってのジュリエッタなので、ロメオの行く先をいつも心配しているし、ロメオについて行きますという想いもあるし。でも自分の家族のことも大事に想っている役柄なので、その葛藤を表現するのは難しかったですね。

鳥木)今回、私は宝塚の男役の方にアドバイスをもらったんですが、その方に「女性の男役が男らしく見えるためには、その横にいる女役の女性が、より可愛らしくなくてはいけない」と言われたんです。光岡さんのジュリエッタは、日に日に可愛らしさが増していったので、それに引き立ててもらって私も男らしくなれたんじゃないかなと。いいカップルだったんですよ、私たち!

光岡)ジュリエッタの責任もあったわけですね!男らしいロメオでいさせる、という。

—自分の内面だけではなく、相手もあっての役づくりというのは興味深いですね。稽古中に面白かった出来事などありますか?

光岡)皆、なんだかいつも面白いことを言っていましたね!

鳥木)そうですね、年齢的にも経歴的にも皆さん色々でしたけど、いい意味で上下関係があまりなく仲の良いチームでしたね。

光岡)ストーリー上は敵対してるけど、ひとつのファミリーみたいでしたね!

鳥木)そうそう!あと、剣を振り回すのがすごく楽しかったです!

光岡)息子さんとも練習されていましたよね!私もやりたかったんですけど、寝ていなきゃいけない役だったので残念です(笑)。

—とてもいい雰囲気での稽古が、大好評の本番へとつながったのですね。

お陰様で、「感動した」という声もたくさんいただきました。

—上演前にもうひとチームの皆さんにもお話を伺ったとき「とてもシリアスなシーンの多い作品」とおっしゃっていましたが、悲劇ならではのドラマ性がお客様の心にも届いたのですね。

鳥木)そうですね。でもそれは、「音楽が良い」という面も大きいかもしれませんね!

ページ上部