1. トップ
  2. >
  3. 公演情報・チケット
  4. >
  5. CiaOpera!
  6. >
  7. Vol.5-光岡暁恵・鳥木弥生 3

CiaOpera!

ゲーム、ゴルフ、ヨガ、野球、太極拳、道に迷う?多芸多才な日常のふたり。

—おふたりは、稽古が終わったあとや稽古がない日はどう過ごされているんですか?

光岡)寝ます!ひたすら寝ます!

鳥木)あと、結構お酒も好きで飲みますね。

光岡)あ、そうですね!稽古中は絶対に断ちますけど、本番が終わったら飲みます。

鳥木)この間も、歌い手で集まってバーベキューしましたよ!私も、自分の家に結構呼びますし。

—プライベートでも歌い手のみなさんは交流があるんですね!なにか趣味はおありですか?

鳥木)私は、読書とゲームですね。今朝もゲームで遊んでました。

—息子さんとも一緒に?

鳥木)息子とも一緒にやりますね!あと、息子の友達も遊びに来るし。楽しいことが好きなんですよ!子供相手でも、友達とも、常に楽しいことをしていたい。あと、読書も好きで、想像もして楽しむんです。

—アクティブなことも静かなことも楽しまれるんですね。光岡さんはいかがですか?

光岡)趣味といえるか分からないですけど、普段から散歩はよくしています。わざと道に迷ってみたりするんです。地図を持たないで全然知らない所を散歩して、迷ったらスマホを見て帰って来る。徘徊じゃないですよ(笑)。結構色んな発見があるんです。それは旅行先でもそうで、道の花を眺めてみたり、露店の無人販売所で野菜を買ってみたりします。

—面白そうですね!旅行先というと、国内ですか?

光岡)国内もですし、海外でもそうです。もちろん危ない路地裏とかには行かないですよ!パリとか、ミラノとか首都が多いです。わりとヨーロッパは歩きやすいんですよ、碁盤の目みたいになっていて。

鳥木)「趣味:道に迷うこと」(笑)?

光岡)そう(笑)。楽しいんですよ、道に迷うのって。スペインとか、ふらっと道に迷うといいフラメンコのお店があったりするから「迷って良かったね」ってこともあるんですよ。「いつも同じ」っていうのが嫌なんです。

鳥木)じゃあ、「趣味:サプライズ」だね(笑)。

光岡)そうだね(笑)。あと私たち、結構体を動かすのが好きなんですよ。

光岡暁恵、鳥木弥生

—何かスポーツをされるのですか?

鳥木)私はゴルフをやっていました!

光岡)私は、子供の頃器械体操をやっていたんです。

鳥木)体、柔らかいもんね!

光岡)それが歌に良いときもあるし、困るときもありますけどね。あと、スポーツを観るほうも好きです。

鳥木)フィギュアスケートがすごく好き!

光岡)私も好きです!トリノ・オリンピックも観に行ったんですよ!

鳥木)え、行ったの?私もトリノにはいたよ!観に行かなかったけど…野球は?

光岡)野球は、キライではないけどちょっとルールが分からないかな。

鳥木)そうなんだ。私、この間西武球場に観戦しに行ったよ!

—そうでしたね、ブログを拝見しました!おふたりとも、ご自身でスポーツをするのも観るのもお好きなんですね。ヨガもやりますか?

光岡)ヨガもやりますね。何か体を動かしていないと気持ち悪い感じがするんですよ。あと、呼吸にいいかなと思って。テレビとか雑誌とかを見て、独学ですが。

—やっぱり「呼吸にいい」という観点もお持ちなのですね。

光岡)はい、あと太極拳もずっとやっていたし。呼吸と、腰をしっかりさせる目的で。追求すると止まらなくなっちゃうんです。でも、ある日パタッとやめちゃったりもするんですけど。鳥木さんは、フラメンコを踊るんですよ。

鳥木)踊ります!私はゲーム機で、スポーツゲームも使ったりもして、楽しみながらやっています。

—本当に色々なことをされているんですね!何かご自身がリラックスする方法はありますか?

光岡)今みたいな体を動かすことはリラックスでもありますし、食べることも大好きです。あと、私はよく笑います!お笑いを見たり、面白い映画を見たりして、笑うと免疫力が上がると聞いたことがあるので(笑)。あと「色」が好きで、色に元気をもらいに美術館へ行ったりします。

鳥木)色、好きだよね!

光岡)そうなの!イタリアなんかに行くと、物の色が日本より鮮やかなんです。文具とか、キッチン用品とか、おいしそうなトマトとか、そういう色から元気をもらうんです。それが自然の色だったらなお良くて、バラ園なんかも行きます。オペラの衣装合わせもすごく好きです。

鳥木)衣装合わせ、楽しいよね!劇場で一番好きな場所は、衣装室!

光岡)私も衣装室!楽しいですよね!みんなで衣装を着て、あぁでもない、こうでもないと言いあって、そこで気持ちが役に近づくこともあります。

鳥木)私は、文章を書くのも昔から好きなんですよ。だから、ブログとかを書くのがリラックスになったりします。

光岡)すごく文才があるよね!

鳥木)それから、お笑いもゲームも好きですけど、結局ゲームも誰かがつくった物語を読んでいるような感覚なんです。人がつくったものを“読み解く”のが好きなんです。本もそうだし、オペラも作曲家がつくった意図を読み解くってことだし。

光岡)でもオペラって、簡単には読み解けないよね。ちょっと理不尽な展開もあったりして。

鳥木)そうですね。でもそこは「音楽が良ければOK!」みたいなところが、また面白かったりするんですよね(笑)。

新企画<聞いてみタイム>♪アーティストからアーティストへ質問リレー

最後に、前回から<聞いてみタイム♪>というコーナーが始まりまして。前回インタビューさせていただいた砂川涼子さんから、おふたりへの質問を預かっているので、お答えをお願いします。

キラキラ輝くお二人の、キラキラの素はなんですか(*^^*)

光岡)キラキラしてるかなぁ、私たち(笑)。

鳥木)この質問がキラキラしている気がする(笑)。

光岡暁恵・鳥木弥生

光岡)でも、確かにキラキラしていたいという思いはありますよね、常に。

鳥木)うーん、そうなるには自分が「楽しもう」と思ったり、人を「楽しませたい」と思う、ってことですかね。

光岡暁恵

2015年 藤原歌劇団共同制作公演
「ランスへの旅」
フォルヴィル伯爵夫人

光岡)そうそう、自分が楽しまないとお客様には伝わらないですよね。『ランスへの旅』のときも、「帽子が届いて、ヤッホー!」っていう曲があって、自分がやっぱり「ヤッホー!」って実感しないとお客様もそれを感じとらないので、そこはやりますね。どんなにバカっぽく思われようとも(笑)。

—自分のなかに気持ちをつくる、ということが「キラキラの素」なんですね。

光岡)あえて言えばそういうことですかね。あとは、ストレスフリーが一番ですよね。本番前などは難しいですけど、なるべくあまり特別なことをしないで、普通でいたい。

—「普通でいたい」って、いい言葉ですね。

鳥木)私も「普通」大好き。「自然体」って言うと、それだけでもうちょっとお洒落めいた雰囲気がするから、そうじゃなくて、もう「フツウ」がいいんです。それが褒め言葉です(笑)。

—本当の「普通」が良いのですね(笑)。そういう、飾らない「素直さ」も「キラキラの素」なのかもしれませんね。

光岡)オペラの登場人物って、普通じゃない人ばっかりじゃないですか。だから、自分が常にナチュラルでいないとその役に飛び込めないと思うんです。

—普段の「普通」があっての、舞台での輝きなのですね。

光岡)そうですね。普段の生活がきちんと成り立ってこそ、だと思います。

鳥木)私、よく「プロフィール写真と違う」って言われるんですよ、「本番のときだけ“この人”が出て来る」って(笑)。

光岡)そういうギャップがまた楽しいですよね。役を演じるっていうのが楽しいですね。昔はすごい苦しみでしたけど、最近「演じるって、こういう楽しみなのかな」って、なんとなく思えてきたんです。だから、これからもどんどんそうやって楽しさを見つけていきたいなと思います。

鳥木)そうやって「皆でだんだんつくっていける」っていうのが、オペラのいい所ですよね。

取材・まとめ 眞木茜

PROFILE:光岡 暁恵 Akie Mitsuoka

光岡 暁恵

2016年
藤原歌劇団公演
「カプレーティ家とモンテッキ家」ジュリエッタ役

昭和音楽大学卒業、同大学院修了。2004年文化庁新進芸術家海外留学制度研修員としてイタリア、ミラノに留学。第5回静岡国際オペラコンクール第1位(日本人初)・三浦環賞・オーディエンス賞の3冠を受賞。藤原歌劇団には06年「ランスへの旅」のフォルヴィル伯爵夫人役でデビュー、以降同公演「ルチア」「夢遊病の女」「オリィ伯爵」「ラ・トラヴィアータ」「カプレーティ家とモンテッキ家」等に主演し絶賛を博している。今後の更なる活躍が期待される新星ベルカントソプラノ。藤原歌劇団団員。

光岡 暁恵:今後のスケジュール

PROFILE:鳥木 弥生 Yayoi Toriki

鳥木 弥生

2016年
藤原歌劇団公演
「カプレーティ家とモンテッキ家」ロメオ役

武蔵野音楽大学卒業。02年フィレンツェ市立歌劇場研修生。第12回(財)江副育英会オペラ奨学生。99年、第8回フェスティヴァル・リリック(スペイン)で女声第1位。03年第9回リッカルド・ザンドナイ国際コンクールでザンドナイ賞など入賞多数。藤原歌劇団には04年「カルメン」のメルセデスでデビューし、以降「ラ・トラヴィアータ」「リゴレット」「ラ・ジョコンダ」「タンクレーディ」「セビリャの理髪師」「ランスへの旅」「仮面舞踏会」「カプレーティ家とモンテッキ家」で度々登場し、その他国内各地でも数多く出演し好評を博している。藤原歌劇団団員。

鳥木 弥生:今後のスケジュール

次回のCiaOpera! は 「バリトン 須藤慎吾さん」です! お楽しみに♪
ページ上部