1. トップ
  2. >
  3. 公演情報・チケット
  4. >
  5. CiaOpera!
  6. >
  7. Vol.8-沢崎恵美・所谷直生 1

CiaOpera!

CiaOpera!(チャオペラ)Vol.8 沢崎恵美・所谷直生
Vol.8 -
沢崎恵美・所谷直生

日本語で歌う「日本オペラ」とは。
高知の悲恋『よさこい節』とは。

西洋オペラと日本の伝統文化を融合させた日本オペラを“創作”し、国内外に発信し続けてきた「日本オペラ協会」。日本語で歌うからこそ、言葉と音楽のバランスは西洋オペラより格段に難しく、独特のリズムや和音も最初は難しく感じる。けれど体に馴染んでくると、得も言われぬ美しさがある。時代や文化考証によって作品そのものが今なお変化し続ける日本オペラは、生きている。『よさこい節』は、江戸時代末期の高知県が舞台の物語。仏僧・純信とお馬の悲恋が、「よさこい節」の祭り囃子と対比され、浮き彫りになる。日本オペラ協会ならではのチームワークで、美しい日本語、美しい所作、日本人だからこそ出来うる表現を追究し、伝えていきたい。

今最も旬なアーティストのリアルな声や、話題の公演に関する臨場感あるエピソードなど、オペラがもっと楽しめること請け合いの情報をお届けする新コーナー「CiaOpera!」。第8弾は、3月4日(土)・5日(日)に東京で、3月11日(土)には物語の舞台・高知で上演されるオペラ『よさこい節』に出演予定の、沢崎恵美氏と所谷直生氏に、本作の見どころ、日本オペラへ対する想いについてお話を伺いました。

日本語は、外国語より難しい?「生きているオペラ」、日本のオペラ。

−本日は、3月4日(土)・5日(日)に新国立劇場で上演される、原嘉壽子(はらかずこ)氏作曲のオペラ『よさこい節』のお話を伺いたいのですが、その前に、まず今回は「藤原歌劇団」ではなく「日本オペラ協会」による日本オペラ公演なのですね。オペラというと、一般的にはイタリアやドイツ、フランスなど欧米のイメージを持たれているお客様も多いと思うのですが、日本生まれの「日本オペラ」を上演する「日本オペラ協会」とは、どういった団体なのかをお話しいただけますでしょうか。

沢崎)はい、そもそも日本には能や歌舞伎という伝統芸能があって、そこに西洋の音楽が入ってきて融合されて、“日本歌曲”というスタイルからだんだんオペラへと発展していくんですね。日本人の母国語である日本語で歌うオペラ、西洋に持って行っても、向こうの伝統的なオペラに対抗できるような作品をつくりたい、という想いが始まりだったと思うんです。もちろん音楽的には西洋の和声を取り入れていますし、オペラという西洋文化の形をとっていますが、作品のなかに日本独特の音階や民謡、物語なども取り入れて、日本ならではの芸術作品として発信することが目的だったのではないかな、と。

沢崎恵美

2016年 日本オペラ協会「天守物語」亀姫役(右)

—なるほど、日本の伝統文化を海外にアピールしていく手段でもあったのですね。

沢崎)西洋音楽の何百年という文化に比べたら、50年とか60年とか、まだまだ歴史が浅くはありますが、日本にもともとある題材を使って“創作する”というスタイルを続けて、近年ようやく確立できてきたという段階かもしれませんね。

所谷直生

2016年 藤原歌劇団
「カプレーティ家とモンテッキ家」
テバルド役

所谷)それから、日本オペラの特徴としては、鹿児島県や群馬県、滋賀県など県ごとにひとつずつオペラがあって、地域おこしにつなげたりしていますよね。

沢崎)そうですね。それもやはり、日本オペラ協会が“日本オペラ”という分野を確立させる一環として、東京だけではなく地方として何かできないか、と考えたのではないかなと思います。

所谷)現日本オペラ協会総監督の大賀寛先生が先頭に立って活動されていますので日本オペラ協会の詳しい歴史は、大賀先生が一番よくご存知だと思います。

—大賀先生を筆頭に、日本のオペラ文化づくりに尽力されてきたのですね。日本語でオペラを歌うということについて、外国語とは違う、日本語ならではの特徴はありますか?

所谷)日本語は、ひと言でひとつの意味を表す、ということが少なくて、言葉が長いんですよね、たぶん。

沢崎)そうそう!

所谷)外国語だったらひと言だけの言葉を、日本語にすると子音と母音がずーっと羅列しているというか。何が、というとパッと例が思い付かないですけど・・・変拍子(一般的ではないリズム)もすごく多いです、5拍子とか7拍子とか(西洋音楽で一般的なのは、マーチの4拍子や2拍子、ワルツの3拍子など)。今回の『よさこい節』には、6.5拍子なんていうのが出て来るんですよ!0.5拍子って、聞いたことありますか?

—いえ、ないです!

沢崎)俳句の“5・7・5”など、日本人に元々流れているリズムでもあるので、実は歌いやすいはずなのですが、6.5はさすがに…(笑)数学的な部分がありますよね。

所谷)これはもう、数字として捉えずに2拍子だと思ってその中に言葉を入れていくことで、一応どうにか歌えるという。「考えるな、感じろ」ですね。

一同(笑)

譜面

沢崎)それから、日本人のお客様に言葉を伝えようとしすぎして、歌としての響きや息の流れ、音色が潰れないようにバランスをとるのが、イタリア語やフランス語などを歌うよりも難しいですね。

所谷)お客様も、西洋の作品は原語上演だと言葉が分からないので音楽だけ楽しむけど、日本の作品は日本語の意味が分かって当たり前だろうと思われるかもしれません。でも実際は、日本語でも字幕を見ないと分からない場合もあるんですよ。

沢崎)西洋音楽のベルカント唱法の発声を基本に、響きを崩さないように、いかに日本語らしくに聞かせるかという点がすごく難しいんですけど、そういうことを日本オペラ協会はずっとやってきているんです。

—母国語だからといって、歌うのが簡単というわけではないのですね!

沢崎)それから、日本語はイントネーションによっても意味が違って来ますからね。例えば「橋」と「箸」とか。最初の頃は字幕が入ることにすごく抵抗があったんですけど、今は歌の補助として、文字で見たときに意味が伝わる手段ではあるとは思いますね。

—なるほど、同じ言葉でもイントネーションによって意味が異なる点にも気を使うのですね。

沢崎)あと、方言の問題もありますよね!

所谷直生

所谷)時代設定が現代じゃなかったり、場面にお寺やお坊さんが多いという点も難しいですし。僕はこの作品の舞台の高知県出身なんですけど、僕のやる「慶全」という役は高知県の中でも土佐弁とは少し違う幡多弁(はたべん)という言葉をしゃべる地域出身、という設定なんですよ。実は、僕もたまたまたその地域出身なんですけど。だから他の役は土佐弁をしゃべるけど、慶全は幡多弁を話す。でも、田舎から高知の中心地である土佐弁の地に出て来てしばらく経つので、少し土佐弁も話すようになってきている(笑)。

—複雑ですね(笑)それにしても、日本オペラは、日本語であるだけにかえって外国語以上に、言葉の面で細部に渡って気を使うのですね。

所谷)あと、原嘉壽子さんの作品は、漢字が多いよね。

沢崎恵美

沢崎)そうですね、楽譜に漢字が書いてあるので、意味は分かりやすいけど音譜に対して言葉をどう割り振るか悩むというか。『よさこい節』の私が歌うお馬の歌詞に「和尚さん」という言葉があるんですけど、「おっしょうさん」と書いてあるので、「お師匠さん」と聞こえないようにするのが、今の私の課題ですね。

所谷)時代や文化考証によって、今も日々言葉が変わったり、音が変わったりと修正が入るんです。

—今でも変化し続けているのですか!

所谷)そういう意味では、日本オペラは「生きているオペラ」と言えるかもしれませんね。

ページ上部