1. トップ
  2. >
  3. 公演情報・チケット
  4. >
  5. CiaOpera!
  6. >
  7. Vol.10-押川浩士 1

CiaOpera!

CiaOpera!(チャオペラ)Vol.10 押川浩士
Vol.10 -
押川浩士

知ってほしい。
オペラがこんなに分かりやすくて、楽しいことを。

数あるオペラのなかでも、いちばん好きな『セビリャの理髪師』の「フィガロ」。どんな風に考えるか?どんな行動をとるか?フィガロという人物を深く見つめて、演じきりたい。『セビリャの理髪師』は、出演者の超絶技巧のアリアも、「ロッシーニ・クレッシェンド」の重唱も素晴らしく、何よりもストーリーが分かりやすい。見終わったあとに幸せになれるオペラ。「敷居が高い」と思われがちなオペラが、実はとても親しみやすく楽しいものであるということを、多くの人に知ってほしい。だから、24時間オペラ歌手といえるほど精力的に活動している。

今最も旬なアーティストのリアルな声や、話題の公演に関する臨場感あるエピソードなど、オペラがもっと楽しめること請け合いの情報をお届けする新コーナー「CiaOpera!」。第十弾は、前回に引き続きテアトロ・ジーリオ・ショウワで上演のオペラ『セビリャの理髪師』にて、4/30(日)にフィガロ役を務める押川浩士氏に、作品や役への意気込み、共演者について、見どころについて、精力的な音楽活動についてお話いただきました。

数あるオペラのなかでいちばん好き!夢が叶った『セビリャの理髪師』。

−今日は前回の谷さんに引き続き、『セビリャの理髪師』について、ダブルキャストで4/30(日)にフィガロを演じる押川さんにお話をお聞きしていきたいと思います。まず、「フィガロ」役にのぞむにあたっての意気込みをお話しいただけますか?

僕は、数あるオペラのなかでもこの『セビリャの理髪師』の「フィガロ」がいちばん好きなんですよ。僕が藤原歌劇団に入ったのは、学生時代についていた先生のご縁もありますが、とにかく学生時代からロッシーニ作品に関して当団が日本最高峰の歌劇団だと思っているんです。その環境で、自分がいちばん好きなフィガロをやりたい!と思ったのが、入団のきっかけのひとつだったんです。なので、今回はまさしく夢が叶って嬉しいです。

押川浩士

−夢が叶ったのですね!フィガロ自体は、何度か演じられていますか?

はい、初めてではないですね。それこそ藤原歌劇団の研究生を出たあと、いちばん最初に演じたのがこの役でした。

−そのときと、何か心境に変化はありますか?

フィガロは劇中で歌う部分も多いですし、いろんな技術が求められるのですごく難しくて、そのときはもう無我夢中でやっていて。気付いたら終わってた、というような感じだったので、今度はもっと余裕をもってのぞみたいなぁと思いますね。

−ご縁のある役なのですね。

そうかもしれませんね。前回、藤原歌劇団で『セビリャの理髪師』をやったときも、僕は出ているんです。そのときは、「フィオレッロ」というアルマヴィーヴァ伯爵の召使いの役。好きな作品だから、出演依頼のお話が来たときはやっぱりすごく嬉しくて。『セビリャの理髪師』の「フィ…」までは合っていたし、フィガロとね(笑)。「フィ……オレッロか!よし、でも頑張ろう!」ってね(笑)。

押川浩士

2011年 藤原歌劇団「セビリャの理髪師」フィオレッロ役(右)左はアントニーノ・シラグーザ

それから色々なオペラに出演させてもらって、今回に至ります。そういえば、今年2月の『カルメン』にも出ましたが、そのときハッと気がついたことがあるんです。前回の『セビリャの理髪師』に出て、『愛の妙薬』に出て、『ランスへの旅』に出て、『ドン・パスクワーレ』に出て…『カルメン』で初めてオペラ・セリア(悲劇)に出たんです。それまでずっと、オペラ・ブッファ(喜劇)が多かったんだなぁと思いました。喜劇、好きなんですよ!稽古をやっていても、稽古場の空気も楽しいですしね。

押川浩士

2017年 藤原歌劇団「カルメン」
モラレス役

−なるほど、稽古から楽しめるのですね!フィガロの人物像については、押川さんはどう捉えていらっしゃいますか?

とにかくよくしゃべる人、ですかね。まぁこの作品はよくしゃべる人がいっぱい登場しますけど。性格が、音楽にもすごく表現されていると思うんです。早口でしゃべる人もいるし、曲もジェットコースターみたいで。もう、オペラ・セリアとは譜面の模様が違うんです。それこそ本当にジェットコースターのように書いてあるかもしれない。高い音から低い音までダーッと並んでいたり、高速でワーッと歌うところがあったり。オペラ歌手って、結構白い音譜が好きなんですよ、「ア〜♪」と伸ばせるやつが。でもオペラ・ブッファは、白い音譜がすごく少ない。細かいオタマジャクシがいっぱいいて、「あぁ、どうしよう!」となります(笑)。

−大変ですね(笑)。でも、これまではそういったスピード感のある作品への出演が多かったのですね。

そうですね、ジェットコースターにばっかり乗っています(笑)。歌もですけど、僕は演技をするのが好きなんですよ。たとえば、そこにフィガロという人物がいて、スペインのセビリャという町でずっと生活している。そういった、その人がどういう人生を辿ったかというのを自分が再現できるところに、やりがいを感じるんです。フィガロだったら、どういう風に考えて、どういう風に行動するか、と考える。オペラ歌手のいいところって、そこだと思います。自分とは違う人格を、2時間なり3時間なりのなかで体験できる。これは、普通だったらできない経験なので、本当に楽しいですね。

−演じることを楽しんでいらっしゃるのですね。そして、そこに音楽が乗るという。

本当は、いちばん楽なのは立ったまま歌うことでしょうけど、それだとやっぱりつまらないと思うんです。歌って、動いて、演技して、お客さんに喜んでもらえる要素をフルに活かして、現実ではない出来事があたかも本当に起こったかのように再現できるというのが面白いですよね。

−前回、もうひとチームの、同じフィガロを演じる谷さんにお話をうかがいました。『セビリャ〜』に限らず、違うチームでも同じ役をやる方同士で、役についての話はされるものなのでしょうか?

どうかなぁ、毎回するわけでもないけど、でもやっぱりお互いの歌や演技を見て「あ、こういう風に感じてやっているんだな」とか、「ここはいいな」「ここは、自分はこういう風に変えてみようかな」と思う部分はあると思います。

−共演者のみなさんについては、どう感じていらっしゃいますか?

僕のチームはね、みんな、若いんですよ(笑)。僕も結構若いほうなはずなんだけど、もしかしてこの中ではだいぶ年上かもしれない。最近の若い人はすごいですね(笑)!

—共演は初めてですか?

初めての方、多いですね。これから立ち稽古に入ってオペラをつくっていくなかで、みんなで一緒に色々と言いあいながらやれるといいですよね。29日チームはほら、スーパースター集団みたいになっているから、こちらも本気で燃えて、みんなで合宿でもしちゃおうか?!なんて言ったりして。30日チームは、とにかく若さの力で負けちゃいかん!と。若さを爆発させていきたいと思います。

−フレッシュ・チームなのですね。指揮者の佐藤氏とはご一緒されたことはありますか?

マエストロも、こうして、オペラでちゃんとご一緒するのは初めてなんです。オペラでもなんでも、舞台って、いつも同じ人と一緒なのではなく、いろんな人がいろんな所から集まってひとつのものを創り上げていくものじゃないですか。そのなかで、お互いの技を高めあったり、作品について話したり、そんな過程がすごく楽しいです。

ページ上部