1. トップ
  2. >
  3. 公演情報・チケット
  4. >
  5. CiaOpera!
  6. >
  7. Vol.22-柴山昌宣 1

CiaOpera!

CiaOpera!(チャオペラ)Vol.22 柴山昌宣
Vol.22 -
柴山昌宣氏

「ドン・マニーフィコ」からプライベートまで。
柴山昌宣氏が語る。

父親役を演じる年齢になったという感慨も噛みしめつつ、初めて演じる“シンデレラ”アンジェリーナの父親「ドン・マニーフィコ」。人と違う視点での人間観察や日々の練習を大切に、役をつくり、流暢なイタリア語の早口をモノにしたい。一緒に舞台に立てることが嬉しい共演者、園田氏の楽譜解釈、そして面白い弟を通じて自分との仕事を楽しみにしてくれているベッロット氏など、とても楽しみの多いプロダクションだと感じる。プライベートでは、オフの日をつくるために戦っているが、学生との交流で満たされている部分もある。

今最も旬なアーティストのリアルな声や、話題の公演に関する臨場感あるエピソードなど、オペラがもっと楽しめること請け合いの情報をお届けするコーナー「CiaOpera!」。第22弾は、柴山昌宣氏。2018年4月29日に出演する『ラ・チェネレントラ』のドン・マニーフィコ役への思いや、役づくり・練習で心がけていること、共演者や指揮者、演出家について、また同じ藤原歌劇団で歌うご兄弟やプライベートの過ごし方について、お話を伺いました。

深い考察の役づくりは、「相手に自分がつくられる」。

−柴山さんは、今回29日(日)の藤原歌劇団本公演『ラ・チェネレントラ』に、ドン・マニーフィコ役として出演されますね。作品にのぞむにあたっての、今の思いをお聞かせいただけますか?

まず、ロッシーニが大好きで、自分でも得意だと思っている作曲家なのですが、それでも非常に歌唱は難しいと感じます。もちろん、難しいことを必死にやっている、とお客様に感じさせてしまってはいけないと思うので、流暢に歌えるよう常に努めていますが、やっぱり難しい。それでも慣れた役ならまだいいのですが、今回は初めての役なので気合を入れようと思います。『ラ・チェネレントラ』という作品自体は知っていて、ダンディーニ役で出演したこともあるのですが、アンジェリーナの父親であるドン・マニーフィコ役は初めてで、自分もそういう役をやる歳になったのかな、と感慨深い部分もあります(笑)。

柴山昌宣

—ドン・マニーフィコは今おっしゃられたように、“シンデレラ”アンジェリーナの父親ですが、役どころとしては一般的に知られている『シンデレラ』でいうところの「まま母」に近いですよね。

そうですね、童話として有名なストーリーのなかでは怖い怖いお義母さんとふたりの娘が出てきて、女性の世界みたいなものが描かれていますよね。それが父親という男性に置き換わったのは、ひとつはオペラ内での声のバランスを考えてのこともあったのかもしれません。

—なるほど、そういった側面もあるかもしれませんね。柴山さんといえば演技力の面でも知られているように思いますが、今回のこの意地悪な“お父さん”ドン・マニーフィコ役は、どのように演じようと考えていらっしゃいますか?

もちろん演出家のベッロット氏と話し合って役を築きあげていく部分はありますが、自分のなかでは、まずこの人は「男爵」ですが地位を失いかけている。けれどそれは自分で好き好んでそうなったわけではないと思うのです。そしてこういった物語にはよくありがちな身分があるのは強い人、身分の低い人は弱い人というような社会的背景のなかで、そういった高い地位に憧れているがために“意地悪”とされるような行動に出てしまうのであって、実は人間的にものすごく気が弱く、やさしいところすら持っている人なのではないかと考えているのです。

—意地悪一辺倒ではなく、表面的な行動の裏に隠された、内面的な部分も考慮されていらっしゃるのですね!

たぶん彼の行動は気持ちの裏返しで、最後にアンジェリーナが王子様と結婚することになると、今までは彼女のことを「ダメな女だ」と言っていたのにコロッとついていってしまう。けれど、それは身分に憧れている部分があったからで、アンジェリーナのことも最初から人間的に否定しているわけではない。社会背景が、彼をそうさせてしまっているのではないかと僕は考えているのです。

—深い考察ですね!こういった役づくりをする際に、何か心がけていらっしゃることはありますか?

そうですね、僕は少しへそまがりなところがあって(笑)。例えばイタリアに留学していたとき、オペラも観に行きましたが、人があまり観に行かない演劇によく行ったのです。イタリア人でもあまり行かないような芝居小屋に入って、周りに「お前にわかるわけがないだろう」というような顔をされて。実際によくわからない部分もあるんだけど、でも「こういうときにこんなしぐさをするんだ」とか「喋っていないときにどういうことをしているんだろう」とか、そういう点を好んで見ていました。しかも主人公というより、周りの役がどのように振舞っているかということに興味を持っていたんですよ。また、イタリアの街を歩いている普通のおじさんたちでも、イタリア人は顔もいかついし「なんだかすごいことを話しているんじゃないか」というような印象を与えるんですが、イタリア語がわかってきてよく聴いてみると、実はアイスクリームを舐めながら「あの子可愛いね」なんて他愛もない話をしていたりするんです。そのギャップがすごく面白くて、舞台で使えるな、と考えたりしていました。

—普段から、よく観察することを心がけていらっしゃるのですね。

観察、好きですね。普段も駅のホームのベンチに座ったりして、「あの人はどこに行くんだろう?何をするんだろう?」と見ていたりします。

—それが、柴山さんの役づくりにつながっているのですね。

昔から、歌うときは歌う、演技するときはする、と分かれているのは不自然だなと感じていて。物語の中の人であっても、食事もするだろうし、お手洗いだって行くだろうし、生活が感じられたほうがいいなと思っていて、じゃあそれを出すにはどうしたらいいかと考えてきたのです。舞台に出ていないときにどう過ごすか。例えば走ってきて息を切らしている、なんていうしぐさにしても、本番ではやりすぎると声が出なくなってしまうのでやりませんが、練習のときには実際に走ってみて、こうなるんだなと実感することを心がけています。それと、こちらが演技をすると、相手が返す。また違う出方をすると、別のものが返ってくるというように、自分が役をつくるというよりは、相手に自分をつくられているという風に思うので、逆に自分も相手をつくってあげられるようにするにはどうしたらいいか、ということも考えていますね。

柴山昌宣

—「相手に自分をつくられている」ですか!

そうなのです。だから共演者とはすごく親密にならないと、僕は自分自身が出せないと思うのです。今回のプロダクション、期間は短いのだけどすごく密に稽古があるから、元々知っている仲間ということもあるけれど、また前にやった役とは違う今回の役を通して仲良くなることができると思うと、とてもいい雰囲気で稽古が進められているように感じています。

ページ上部