1. トップ
  2. >
  3. 公演情報・チケット
  4. >
  5. CiaOpera!
  6. >
  7. Vol.24-村上敏明 1

CiaOpera!

CiaOpera!(チャオペラ)Vol.24 村上敏明
Vol.24 -
村上敏明氏

デビュー20周年。満を持して贈る、
村上敏明氏渾身のアルバム。

日本オペラ振興会オペラ歌手育成部を修了し、プロのオペラ歌手としてデビューしてから20年。節目の年にメジャーレーベルから送るアルバムでは、これまで多種多様な舞台を踏んできたなかでもやはり自分の中核を成すイタリア作品を、クラシックからポピュラーカンツォーネまで幅広く網羅した。デビュー前から世界的大歌手の横で一緒に歌った、あの貴重で忘れられない経験を思い起こしながら、一曲一曲今一度楽譜をひらき、勉強しなおした。多忙な日々ではあるが、声を保ついちばんの秘訣は、ナーバスにならないことだと思う。

今最も旬なアーティストのリアルな声や、話題の公演に関する臨場感あるエピソードなど、オペラがもっと楽しめること請け合いの情報をお届けするコーナー「CiaOpera!」。第24弾は、2018年6月20日に「デビュー20周年アルバム Viva Italia!(ヴィヴァ・イタリア!)」を発売し、7月31日にはアルバム発売記念リサイタルも行う村上敏明氏に、アルバムや選曲への深い思い、リサイタルのお話、その声の保ちかたなど、貴重なお話をたくさん伺いました。

イタリア音楽は自分のなかの核を成す。だから、幅広く選んだ。

−今日は、2018年6月20日(水)に発売される、村上敏明さんのデビュー20周年記念アルバム「ヴィヴァ・イタリア!」について、ぜひお話をお聞かせください。CD発売、おめでとうございます!

ありがとうございます!いろいろあってやっと出せました!

村上敏明

−楽しみにしていました!今回、この記念アルバムを出すことになった経緯は、どのようなものだったのですか?

僕自身が2009年と2011年にプライベート版のCDは出しているものの、メジャーレーベルからまだ出していなかったこともあって。いつか、きちんとみなさんの目に触れるようなかたちでCDを発売したいという気持ちがあったので、「ぜひぜひ」という感じでトントン拍子に話が進みました。CDって、「やろう」となると、重い腰を上げるというのがまず大変なんですよ。収録前はスケジュールを1、2週間ぐらい空けておきたいんですが、その時期なかなか時間がつくれないとか、それに収録曲をもう一度勉強しなおさないといけないし。その他、いろいろとタイミングが合わなくて少し時間がかかってしまいました。でも、結果的にデビュー20周年という節目のタイミングで出せたので、よかったと思っています。

—収録前1、2週間空けるというのは、準備のためですか?

そうですね。あとは、コンディションを整えるためでもあります。どうしても、やると決めたからには、いくつか調整しなければならないお仕事も出てきてしまったのですが、おかげさまで今回はわりと万全の体勢で臨むことができました。

—それは素晴らしいことですね!内容としては、タイトルに『ヴィヴァ・イタリア!』とあるとおり、イタリアの作品にこだわって選曲されたのですね。

お客様からの要望も多いので日本の歌を入れようかな、と考えたりもしたのですが、やっぱり僕自身6年間ぐらいボローニャにいたこともあり、何か足跡をしっかり残しておきたいという気持ちもあって、全部イタリア作品でということにさせていただきました。あとは、できるだけ全ジャンルから取り入れたくて、古典歌曲と呼ばれるものから、ナポリ民謡から、普段こういったアカデミックなCDには絶対入れないようなポピュラーカンツォーネも入っています。僕は、若いころ、この「デビュー20周年」よりも前に、大学4年生から、銀座にある音楽ビアプラザライオンで歌っていたのですが、その頃こういったカンツォーネ・ポポラーレ(ポピュラーカンツォーネ)もいっぱい歌っていたので、ある意味では僕らしいかなと思っています。

—なるほど。収録曲が17曲というのも、贅沢ですね!

テノールの曲は、短いものが多いんですよ。これがソプラノのベルカント・オペラアリア集とかだったら、『ルチア』のアリアで10分ぐらい、次に『夢遊病の女』がきて、なんてやっていくときっと7、8曲が限度になってしまうのでしょうけど、テノールは3分で終わるような曲がたくさんありますし、特にカンツォーネなんかはその部類です。ですから、いろんな曲を聴いていただける。曲数は多いですけど、トントントン、と聴きやすいと思います。

—どの曲も大切にされているからこそ選ばれたと思いますが、特にこの曲が聴きどころ、というものはありますか?

聴きどころとしては、まず、どの曲というより全体的に今回の演奏の編成のことになりますが、ピアノだけでなくヴァイオリンとマンドリンを入れているんですよ。ヴァイオリンの古館由佳子さんは、それこそ先ほどお話した音楽ビアプラザライオンで20数年来共演していましたが、ハンガリーの“ジプシーヴァイオリン”の名手なのです。ロビー・ラカトシュという「ジプシー音楽のレジェンドのような人とよく共演されていて、現地にも年に数ヶ月行かれたりしています。ですので、古館さんと合わせるとジャズのセッションのような感じになって。収録ができて解説をつくっているときに、制作プロデューサーから「すみません、編曲者のお名前を教えていただけますか?」と聞かれるぐらいアレンジしてあって、でもそれはご本人が即興で弾いているのです。そういう意味で、すごく遊び心のある音楽づくりになっていますね。一方で、イタリア古典歌曲「陽はすでにガンジス川から」や、オペラ『トゥーランドット』の「誰も寝てはならぬ」などでも弾いていただいていて、そちらではすごくアカデミックに、弾いてくださっています。あとは、マンドリンですよね。マンドリンが入ると、一気にナポリの香りがしてくるので、すごくいい効果がもたらされていると思います。奏者の田中早苗さんも、マンドリン演奏の第一人者でいらっしゃるので、素晴らしいですよ。

—なるほど、まずはアンサンブルに注目ですね!

はい。そして、曲目のなかでの聴きどころでいうと、メインはやっぱりオペラアリアかなと思うんですが、基本的に今回全部演じたことのある役のアリアばかりなんですよ。『リゴレット』はイタリアでオペラデビューしたときから歌ってきましたし、『イル・トロヴァトーレ』もイタリアでも日本でも歌いました。『アイーダ』は去年歌いましたし、『トスカ』も、『西部の娘』も役をやりましたし、『トゥーランドット』も、カラフ役を去年の12月にやりました。でも、ひとつピックアップするとしたら『道化師』の「衣装をつけろ」ですね。僕は、アリア単体としてはいろいろなところで歌わせていただいていますが、このアリアを歌うカニオ役はまだやったことがないんですよ。同じ『道化師』のなかでも、もうひとりのペッペ役は、大歌手の方と同じプロダクションで歌いましたが。2000年にN.マルティヌッチさん、そして2007年にA.クピードさんの横で。そういう意味で、『道化師』のアリアにはいちばん思い入れもあるかもしれません、これから演じたい役として。

村上敏明
ページ上部