1. トップ
  2. >
  3. 公演情報・チケット
  4. >
  5. CiaOpera!
  6. >
  7. Vol.25-伊藤 晴 1

CiaOpera!

CiaOpera!(チャオペラ)Vol.25 伊藤 晴
Vol.25 -
伊藤 晴氏

憧れのヒロイン、ヴィオレッタに臨む。伊藤晴氏が語る想い。

藤原歌劇団の『ラ・トラヴィアータ』に、自分が主役・ヴィオレッタとして出演する。それは、最初は自分ごとと思えなかったほど大きなこと。モデルとなった実在の「マリー・デュプレシ」に想いを馳せ、絶望のなかでも必死に生きようとした女性としての強さを表現したい。2013年、マリエッラ・デヴィーア氏のアンダースタディとして参加した前回の同演目での経験や、毎年恒例の『わたしの青い鳥』で得る人との心の触れ合いが、成長の糧になっていると思う。

今最も旬なアーティストのリアルな声や、話題の公演に関する臨場感あるエピソードなど、オペラがもっと楽しめること請け合いの情報をお届けするコーナー「CiaOpera!」。第25弾は、2019年1月26日に藤原歌劇団本公演『ラ・トラヴィアータ』に出演する伊藤晴氏。藤原歌劇団としては初役となるヴィオレッタへの想いや、過去のプロダクションで得たもの、また毎年合唱指導とソロ歌唱で参加している、北九州市での公演『合唱物語 わたしの青い鳥』についてお話を伺いました。

夢のまた夢、『ラ・トラヴィアータ』ヴィオレッタを演じるということ。

−今日は、来年2019年1月に伊藤さんが出演される『ラ・トラヴィアータ(椿姫)』についてお話をうかがいたいと思います。藤原歌劇団の『ラ・トラヴィアータ』で、初めて主役のヴィオレッタとしてご出演とのことですが、今のお気持ちをうかがえますか?

私は藤原歌劇団のオペラ歌手育成部を修了しているのですが、育成部の研究生だった頃は毎年、新年に『ラ・トラヴィアータ』を上演しており、私も毎年観に行っていて、「これぞ藤原歌劇団の演目」というイメージがあります。合唱部の方たちにうかがっても、やはり特別な演目だとおっしゃいますし、国内外のスターの方たちが歌われているところをたくさん拝見してきたので、その舞台に自分が主役として乗るということが信じられないという気持ちです。

伊藤 晴

—そうなのですね。ヴィオレッタといえば、多くのソプラノにとって憧れの役であると思います。伊藤さんも、「いつか歌ってみたい」と思われていましたか?

もちろん思っていました!歌を始めたばかりの頃からカラス、デバルディ、スコットなど名歌手のヴィオレッタを聴いて憧れていましたし、舞台でも映像でも一番観ている演目なので…でも夢のまた夢、という思いもありました。

—なるほど。ヴィオレッタ役のお話があったのはいつ頃ですか?

去年の秋頃だったと思います。朝起きて、携帯電話をパッと見たらメールが届いていて。でも、その瞬間は不思議なことに、自分ごとに思えなかったのです。けれど2、3日経つごとに、どんどん「これはとんでもないことだ!」と思えてきて。その頃、ちょうど他にも大きなお話が重なったときで、その1週間はよく眠れませんでした(笑)。

—日ごとに実感が増してきたのですね。今、伊藤さんのなかでどのようなヴィオレッタ像を思い描いていらっしゃいますか?

もちろん、演出の粟國淳さんともこれからいろいろと打合せになると思いますが、今の私自身は、やはりまず、ヴィオレッタが実在の人物だったということが思い起こされます。オペラの元となった原作では「マルグリット・ゴーティエ」という名で、そのモデルとなったのは「マリー・デュプレシ」という女性ですが、彼女はとても不幸な家庭で育ったのですね。父親に暴力をふるわれ、母親は逃げ出してしまい、その父に無理やり老人のもとへ奉公に出されたり、下働きもたくさんしたのですが、でも当時の女性というのはそういう風に生きることが稀ではないというか。自分で「こういう風に生きたい」と思うように生きられたことって、なかなか無いと思うのです。だからマリー・デュプレシも、庶民として生まれたからには、高級娼婦としてのし上がることしか、パリで生きる方法がなかったのではないかなと。そのなかで、自分も重い病気にかかって、死ぬことも感じていたと思います。パリの社交界に出てからも、元々才覚もあり美しい人でありながらもすごく努力をしたのだと思いますが、それでも貴族ではないというところで、人としての尊厳が傷つけられる場面にたくさん直面したでしょうし、華やかな世界に身を置きながらも絶望をいつも抱えていたと思うんです。その絶望に立ち向かい、最後の愛に生きた彼女の強さを、私も表現できたらいいなと思います。

−いろいろとリサーチもされていて、素晴らしいです。伊藤さんはパリへ留学されていらっしゃいましたが、マリー・デュプレシのお墓参りへも行かれましたか?

はい。たまたま、彼女の墓所のあるモンマルトル墓地の近くに住んでいたこともあり、行きました。フランス留学中、一度パリのとあるオーケストラで、「今度『ラ・トラヴィアータ』をやるのだけど、ゲネプロにヴィオレッタ役の人がいないから歌いに来てほしい」と言われたり、ヨーロッパの小さなプロダクションでヴィオレッタ役を一本通して歌ったことはあって。そのときは、数回稽古をやったらすぐ本番という感じだったので、あまり中身を突き詰めてできたという感じはなかったのですが、本番直前に「そうだ、お墓参りに行こう」と思い立って。そうしたら、第三幕のヴィオレッタのアリア「さようなら、過ぎ去った日よ」の歌詞に出てくるように、お花もなく、冬の小雨の降る日だったこともあり、とても寂しい印象を受けました。

モンマルトルのマリー・デュプレシ墓所

モンマルトルのマリー・デュプレシ墓所にて

—まさに、アリアの歌詞を肌身で感じたのですね。それは貴重な体験だったと思います。

ページ上部