1. トップ
  2. >
  3. 公演情報・チケット
  4. >
  5. CiaOpera!
  6. >
  7. Vol.29-楠野麻衣 1

CiaOpera!

CiaOpera!(チャオペラ)Vol.29 楠野麻衣
Vol.29 -
楠野麻衣氏

着物で、所作で、日本オペラで表現する、実在した「大姫」の心。

着物を着、それに伴う所作も必要とされるオペラ『静と義経』は、ある意味ゼロから始める日本オペラ。歴史上に実在した人物を演じることは、西洋オペラとはまた違った感慨がある。大姫の悲しみをきちんと自分のなかに落とし込み、心に残る旋律、なかにし礼氏の哲学を感じる名言と美しい日本語がちりばめられた名作を、共演者とともにつくりあげたい。オペラ歌手育成部に学び、オペラ歌手を志すきっかけとなったのは、イタリアで“本物”の感動に触れたこと、そして幼い頃の祖母が喜ぶ姿。同じように、多くの人が喜ぶ舞台をつくっていきたい。

今最も旬なアーティストのリアルな声や、話題の公演に関する臨場感あるエピソードなど、オペラがもっと楽しめること請け合いの情報をお届けするコーナー「CiaOpera!」。第29弾は、2019年3月2日に『静と義経』に大姫役で出演される、楠野麻衣氏。ある意味では初めての部分も多い日本オペラや、「大姫」という役へ臨む気持ち、作品の見どころ・聴きどころ、そしてオペラの道に目覚めたきっかけなどを伺いました。

見えてきたのは、源頼朝の娘・大姫の悲劇と、静への憧れ。

−まず今回は、2019年3月2日、3日に上演の日本オペラ『静と義経』についてお話を伺いたいと思います。楠野さんは3月2日に「大姫」役として出演されますね。今、この作品に関わることへ、どのような気持ちをお持ちですか?

私は、時代物の日本オペラに関わるのは今回が初めてなんです。「日本オペラ」というくくりでは、前回『ミスター・シンデレラ』で赤毛の女を演じましたが、着物を着て、それに伴う所作も必要な作品には初挑戦なので、正直なところ不安もありますが、新しい世界に踏み込むのは楽しみです。この作品に関しては、初演のときのDVDを観たり、スコアから読み取った印象として、今まで観てきた日本オペラのなかでも“グランドオペラ”の形式をとっていて、豪華だと思います。それに、日本に実在した人たち、歴史の教科書で習ったような人物を演じるというのは、感慨深いですね。オペラで脇役を演じるときは、その人物のバックグラウンドまで細かく描かれていないことが多く、想像で演じるしかない部分もあります。今回私が演じる「大姫」という人物も主役ではありませんが、源頼朝の娘として実在した人ですので、彼女について調べると、とても悲劇的な人生を送ったことがわかります。6、7歳という若さで木曽義仲の息子・義高のいいなずけとなりますが、愛する人となった義高は結局、父・源頼朝に殺されてしまうんです。幼い頃に経験した悲しみを引きずったまま人生を歩み、死んでいく。そんな彼女の人生を知った上で演じられるというのは、想像で演じるものとはまた違う思いの深さみたいなものがありますね。

楠野麻衣

−確かに、『ミスター・シンデレラ』からはまたガラリと雰囲気の違う日本オペラですね。そして、すでに大姫についてかなりリサーチされているのですね!

そうですね、本を読んだり、インターネットでも調べたり。彼女の悲劇的な人生が物語化された作品にはいくつか目を通しました。歴史上のこととはいえ、確実な記録として残っているわけではないので、文献によって少しずつ書かれていることが違う部分はあるのですが。このオペラのなかには大姫の人生についてはあまり描かれていないのですが、木曽義高の話など要素としてはいくつか盛り込まれているので、自分のなかに落とし込んで臨みたいなと思います。

—そうなのですね。楠野さんは、この大姫をどんなふうに表現していきたいですか?

これから稽古が始まるので、役柄の解釈については変わっていくかもしれません。ただ、現段階での自分の考えとしては、大姫は静御前に対して憧れのようなものがあったのではないかと感じる部分があります。

—面白い解釈ですね!静への憧れですか。

はい。大姫自身は、幼かったこともあり自分の愛する人を父親に殺されても何も言えなかったのではないかと思います。一方、静は「しずやしず…」と舞うシーンで愛する人を想い、自分の身の安全よりもその想いを優先している。思っていることを言える強さやまっすぐさに、憧れや、ある種のうらやましさがあってもおかしくはないのかなと。愛する人への想いの強さというのは静も大姫も同じなのでしょうが、その想いから派生する人生はちょっと違ったのだろうなと思います。

—父・頼朝のやりかたに賛同できなくても、言えずに苦しんだのですね。

そうですね。推測ではありますが。ただこのオペラでは、大姫の死を知らされた時に頼朝が泣いてくれるんです。実際、頼朝の心の中がどうだったのかは誰にもわからないことですが、なかにし礼先生の台本のなかでは、「この涙はわしの最後のひとしずくじゃ」といって泣いてくれているところが、大姫としてはちょっと救われるのかなと思います。

—そうかもしれませんね。楠野さんの表現される大姫の悲しみにも、注目したいです。もうひとつ、オペラ全体としてのこの作品の魅力というのはどんなところか、お聞かせいただけますか?

物語の終盤で静が歌うアリア《愛の旅立ち》は魅力的だと思います。現世で添い遂げることが叶わなかった義経と、違う世界である「かの国」での永遠の愛を夢見て歌うシーンで、沖縄音階が使われているのが特徴的です。これは、記者会見のときになかにし先生がお話しされていたのですが、この作品を作るときに「かの国」をどのように表現するかを三木稔先生と話し合ったそうです。そして物語の時代には、まだ“異国”であり夢の国であった沖縄の音階を使うことにしたとのことで。そういう発想もすてきだなと思いました。日本オペラ作品の音楽は、どちらかというと近現代的で耳に残るメロディーが少なく、言い方を変えると人によってはちょっと難しく感じるところがあるかもしれません。ただこの作品には静のアリアや子守歌をはじめ、なんとなく耳に残って口ずさめるようなメロディーが登場するので、ほかの日本オペラ作品よりも比較的入りやすいと思うんです。今まで日本オペラに興味がなかったという方にも是非見ていただきたいですね。

ページ上部