1. トップ
  2. >
  3. 公演情報・チケット
  4. >
  5. CiaOpera!
  6. >
  7. Vol.30-沢崎恵美 1

CiaOpera!

CiaOpera!(チャオペラ)Vol.30 沢崎恵美
Vol.30 -
沢崎恵美氏

日本オペラに、一直線。
『静と義経』のタイトルロールに臨む想い。

『静と義経』のタイトルロール「静」は、このオペラにおいて存在感が大きく、責任を感じている。三木稔先生、なかにし礼先生の渾身作であるだけに、体力、集中力、気力を養い、静についての研究も深めて表現したい。共演者は、気心知れた方々も多く、層が厚くて頼もしい。3月2日のチームとも協力しあいながら、一丸となって三木先生の想いの結晶「三木マーク」をはじめとする美しい音楽をつくりあげていきたい。大学時代から日本の作品が好きで、最初から日本オペラを目指して歩んできた。美しい日本語を後世に残したいという使命感もあり、自主公演やCD発売など、活動に熱が入る。

今最も旬なアーティストのリアルな声や、話題の公演に関する臨場感あるエピソードなど、オペラがもっと楽しめること請け合いの情報をお届けするコーナー「CiaOpera!」。第30弾は、前回の楠野麻衣氏に引き続き、2019年3月3日に『静と義経』に静役で出演される沢崎恵美氏。タイトルロール「静」や作品への意気込み、美しいアリアについて、共演者について、ここまでひと筋に活動されてきた日本作品についてなどを伺いました。

タイトルロール「静」の存在感を表現する、使命と責任。

−今日も、まずは沢崎さんが2019年3月3日にご出演の日本オペラ『静と義経』についてお話を伺いたいと思います。沢崎さんはタイトルロールでもある「静」を演じられるわけですが、今の意気込みをお聞かせいただけますか?

はい、まずはなんといってもこの作品、作曲は三木稔先生、それから台本はなかにし礼先生の渾身作。なかにし先生は常々「グランドオペラ」と称されていますし、「オペラに対する僕の想いがすべて入っている作品なんだ。」とおっしゃっています。『静と義経』とタイトルにはありますが、『静』と呼んでもいいのではないかというぐらい、「静」はほぼすべてのシーンに大きく関わりますし、いつもの日本オペラと違い、メロディーとか言葉とか思いを“歌い上げる”ことが重要になってくると、自分では感じています。それに耐えうる体力と、集中力と、気力が必要ですし、責任も感じるなと思っています。

沢崎恵美

−静はほぼすべてのシーンに関わるのですか!このオペラにおいて、とても大きくて重要な存在なのですね。

歴史上でみると、静という人物はあまり文献などで残っていないのですよね。私も探してみたのですが、表立って出て来るものはあまりなくて。歴史書『吾妻鏡』『義経記』などに少し登場しますが、静がクローズアップされた資料ではない。そんな資料も少ないなかで、タイトルの頭に「静」が来ているところ、『義経と静』という順ではないところに、この作品における静の使命というか、存在の大きさが集約されているのかなと感じます。

−この時代は確かに、女性がフォーカスされるということはかなり少ないのかもしれません。そういった人物の役づくりは、難しい部分もおありなのではないですか?

そうですね。もちろんなかにし先生の台本を読ませていただいたり、演出の馬場紀雄さんともディスカッションはしているのですが、研究書は少ないと言いながらも、インターネットだったり小説だったりを自分なりに調べるようにもしています。今回なかなか参考になると思える一冊があるのですが、角川スニーカー文庫から出ている『静−幻夢義経記』という小説です。その本によると、静はやはり巫女ではあるのですが、それが日本の原始からの流れを汲む巫女で、母の磯禅師からその秘儀を受け継ぎ、義経の師である鬼一法眼が放つ陰陽師のまじないなどから義経を守り、そのなかで恋に落ちていく、というようなことが書かれているのです。なので、もちろん台本にはないですが、そういった義経との出会いのなかに、愛の深さがあるのかなと。また、西洋のキリスト教などでも同じようなことはあると思うのですが、巫女は神様と通じなければいけないので、男性と通じてしまったら罪であるとか、力を失って死んだ同然となってしまうとか。そこもあると思うのです。そういった、背景に抱えたものをどうやって表現していくかを、自分のなかで模索しています。

—静と義経の出会い、という視点は考えたことがありませんでした!では、今回静という人物を演じる上でポイントにされている部分はありますか?

でも、自分のなかにスッと落とし込めている部分はあるのです。というのも、私自身も結婚して夫がいて、子供もいて、義経のように別れ別れになっているわけではないですし子供も亡くしてはいないですが、「あぁ、この大事な人がいなくなったとしたら」とか、「わが子が…」とか、自分のなかの「女性」や「母性」と照らし合わせて分かるところもある。あまり自分とかけ離れた人物というよりも、自分のなかにあるものと重ねながら静をつくっていけたら、と思います。
実は記者会見のとき、「今の若い人には、『静』についてあまり知られていないのではないでしょうか。」というご質問を受けたこともあり、それで私なりに先ほど言ったような文献・資料をいろいろ探してみたのです。そうしたら、インターネットで見つけた情報ではありますが、静と義経の話を題材にした漫画が出ていて、それが結構人気のようなのです。もちろん脚色されたストーリーではあるでしょうが、もしかすると若い方たちはそういったところから、身近な物語として知らず知らずのうちに歴史に触れているのかな、と思いました。それに、今回のオペラでは静も義経も死んでしまい、来世で一緒になりましょう、というような終わりかたではありますが、その来世についても義経がチンギス・ハンに生まれ変わったとか、実は子供は死なずにいてその後活躍したとか、今でもいろいろな創作がなされているので、劇場に観に来てくださったお客様もそんな風にふたりの来世についていろいろな想像力をかきたてられるような終わりかたを届けられたら素敵だな、と思います。

沢崎恵美
ページ上部