1. トップ
  2. >
  3. ニュース一覧
  4. >
  5. ニュース詳細

お知らせ

2022.05.25

news

主催公演における新型コロナウイルス感染拡大予防への取り組みとご来場のみなさまへのお願い

公益財団法人日本オペラ振興会では、政府、自治体の方針、およびクラシック音楽公演運営推進協議会により策定された新型コロナウイルス感染拡大予防ガイドラインを踏まえて、新型コロナウイルス感染予防、拡散防止への対応策を徹底し、公演を実施してまいります。
お客様におかれましては何卒ご理解、ご協力を賜りますようお願い申し上げます。

 

主催公演にご来場のお客様へのお願い

[会場へお越しいただく前に]

・下記①〜⑥のうち1つでも当てはまる場合は、ご来場をお控えくださいますようお願い申し上げます。
①37.5度以上の発熱がある、または平熱より著しく体温が⾼いお客様
②⾵邪に類似した症状(発熱、喉の痛み、咳、くしゃみ、たん等)があるお客様
③強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある
④嗅覚、味覚に異変を感じる
⑤その他、体調に不安がある
⑥公演来場⽇から数えて過去2 週間以内に、政府から⼊国制限や観察期間を必要とされている国・地域への渡航歴がある、または同居家族に渡航歴がある

・新型コロナウイルス接触確認アプリ (自治体独自の通知アプリ、QRコードを活用したシステムを含む)のインストール、ご利用のご協力をお願いいたします。

 
[ご入場時に際して]

・列にお並び頂く時間を極力少なくするため、開場時刻を過ぎてからのご来場にご協力ください。

・列にお並びいただく際は、係員の誘導にご協力いただき、他のお客様と⼗分な距離(最低1m)を確保していただきますようお願い申し上げます。

・会場内では常時マスクを正しくご着⽤ください。お持ちでない方には配布いたしますので係員までお声がけください。ご着用いただけないお客様のご入場はお断りする場合がございます。

・⾮接触による検温にご協力ください。37.5度以上の発熱がある、または平熱より著しく体温が⾼い場合にはご入場をご遠慮いただきます。あらかじめご了承ください。

・入場時のチケット半券のもぎりはお客様ご自身でお願いする場合がございます。

・アンケート、チラシ等の配布物は係員からの手渡しを行わず、ロビーに設置いたします。お客様おひとり1部ずつお取りください。

・クロークサービスは当面の間中止させていただきます。

・プレゼントや花束・楽屋花等の受け取りは辞退させていただきます。また、楽屋口での入り待ちもご遠慮ください。

・「来場者カード」に必要事項をご記入の上、会場内の回収ボックスにご提出をお願いいたします。

 
[劇場内にて]

・⼤声での会話や歓談はお控えいただき、極力自席にてお過ごしください。

・ご飲食の提供は中止、もしくは最低限の内容とさせていただきます。お薬の服用や水分補給のための飲料水はご持参いただきますようお願い申し上げます。

・ご飲食時に会話をする場合はマスクを正しくご着用ください。

・物品販売については最低限のものとさせていただきます。

・会場には消毒液をご用意しております。こまめな手指消毒、⼿洗いにご協力ください。

・体調に異変を感じられた場合は、お近くの係員までお声がけください。

・舞台へ向けた掛け声はご遠慮ください。

 
[終演後]

・時差退場へのご協力をお願いいたします。退場時はスタッフの指⽰や場内アナウンスに従い、ホール内やホワイエに留まることなくご退場いただきますようお願い申し上げます。

・楽屋へのご訪問や出待ちにつきましてはご遠慮ください。

 
[公演終了後]

・ご来場後、2 週間以内にコロナ陽性が確認された場合は、JOF チケットセンター(03-6721-0874/平⽇10:00〜18:00)までお知らせください。

・万が一ご来場者の中に陽性者が確認された場合は速やかに保健所に報告するとともに、必要に応じて来場者カードの情報を保健所に共有いたします。
なお、頂いた個人情報はその他の目的には使用せず、公演日から1か月間保管後適切な手段で廃棄いたします。

 

スタッフ・公演会場での感染症予防の取り組み

・ステージ上との距離の確保のため、最前列から数列を売り止めとする場合がございます。あらかじめご了承ください。

・お客様対応を行う係員は常時マスクを正しく着用いたします。

・受付窓口、プログラム販売等お客様と対面する係員はマスクに加え、手袋を着用します。
 また、サンプル品、見本品は設置いたしません。

・不特定多数の人が触れる箇所は定期的かつ頻繁に消毒いたします。

・開場時、休憩中、終演時にはホワイエの扉や窓を開放し、換気に努めます。なお、会場の空調機能が十分であることが確認されている場合は扉・窓の開放を行わない場合がございます。
また、会場となるホール・劇場は、各種法令等により高機能の空調設備の整備が義務付けられており、強制的な機械換気が可能となっていることから、原則として上演中のホール扉の開放は行いません。

 
 
※上記の内容は、今後の感染状況や行政・関係諸機関の方針の変更に従い変更となる場合がございます。

 

令和4年5月23日
公益財団法人日本オペラ振興会