1. トップ
  2. >
  3. ニュース一覧
  4. >
  5. ニュース詳細

お知らせ

2022.09.05

オーディション情報

BOF2022 「オペラ・ストゥーディオ」 参加者募集!

ベルカントオペラフェスティバル イン ジャパンでは、毎年、世界レベルのマスタークラス「オペラ・ストゥーディオ」を開催しております!!
フェスティバル芸術監督カルメン・サントーロ女史のレッスンを中心に、コンサートに向けたレッスンはもちろん、マスタークラス生によるオペラ、G.ドニゼッティ作曲「パリのジャンニ」を公演します。
それに伴い、今回はコンサートコース、オペラコース、コレぺティコース、指揮者コースの4コースをご用意しました。
コンサートコースでは1月7日(土)の「オペラ・ストゥーディオ生によるコンサート」へ出演することを目的としたアリアや重唱中心のレッスンを、
オペラコースでは1月14日(土)のオペラ「パリのジャンニ」に出演すること目的とした音楽稽古とオンラインによる立ち稽古を経験することができます。
また、コレペティコースはコレペティに必要なスキルをレッスン及び稽古を通して身につけ、さらにはコンサートやオペラで実践の機会を得ることができ、
指揮者コースはオペラ指揮者に必要なスキルをレッスンを通して身につけ、1月14日(土)のマスタークラス生によるオペラ「パリのジャンニ」の指揮等を担当することができます。

海外トップクラスのソリストが集うこの大変貴重な機会をどうぞお見逃しなく!奮ってご応募下さい。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ご応募される方は募集要項をご確認頂き、申込み用紙に必要事項をご記入、写真を貼付の上、メールまたは郵送にてご応募ください。
募集要項、申込み用紙は下記よりダウンロードが可能です。
みなさまのご応募をお待ちしております。
 
▼募集要項、申込み用紙はこちらから▼
BOF 2022 Opera Studio募集要項pdf

2022 Opera studio申込み用紙(日本語)xlsx

2022 Opera studio申込み用紙(日本語)pdf

 
[このオーディションについてのお問合せ]
公益財団法人日本オペラ振興会 
seisaku01@jof.or.jp(担当:冨田)

Belcanto Opera Festival In Japan
ベルカントオペラフェスティバル イン ジャパン(BOF)とは・・・
 
文化庁平成30年度戦略的芸術文化創造推進事業の一つとして、イタリア「ヴァッレ・ディトリア音楽祭」と提携し、次世代のオペラ界を担う若手を育て新たな創造を目指す「ベルカントオペラフェスティバル イン ジャパン」(BOF)が始動する。
ヴァッレ・ディトリア音楽祭は47年間開催している伝統ある音楽祭であり、「アルベルト・ゼッダ」や現在音楽監督務める「ファビオ・ルイージ」など、多くの著名なアーティストがこの音楽祭に精通している。そして、音楽祭の特色として今まで滅多に上演されなかった作品や初演の作品とバロックオペラの2本を公演の主軸として、ヨーロッパの中でも重要な音楽祭となっている。また、音楽祭の時期に合わせてアカデミーが開講されており、オーディションで選抜された優秀な若手歌手の育成にも長けている。
第1回の2019年3月にS.メルカダンテ作曲オペラ「フランチェスカ・ダ・リミニ」(日本初演)、第2回では2019年11月にはA.スカルラッティ作曲のバロックオペラ「貞節の勝利」、BOF2021ではN.Vaccaj作曲オペラ「ジュリエッタとロメオ」(日本初演)を上演。毎回若手歌手の為のマスタークラスをカルメン・サントーロ自らが手掛け、人材育成の分野でもその手腕を発揮している。