1. トップ
  2. >
  3. 公演情報・チケット
  4. >
  5. JOF Blog 舞台裏レポート
  6. >
  7. ランスへの旅_2019
  8. >
  9. 【キャストコメントvol.6】フォルヴィル伯爵夫人役の佐藤美枝子/横前奈緒よりメッセージ★

JOF Blog 舞台裏レポート

ランスへの旅_2019 舞台裏レポート

2019.08.28

【キャストコメントvol.6】フォルヴィル伯爵夫人役の佐藤美枝子/横前奈緒よりメッセージ★

2019年9月5日(木)・6日(金)・7日(土)・8日(日)に新国立劇場オペラパレスで行う藤原歌劇団公演(共催:新国立劇場・東京二期会)「ランスへの旅」のキャストコメント第6弾❣️
フォルヴィル伯爵夫人役の佐藤美枝子(5日&7日)と、横前奈緒(6日&8日)です✨

 

佐藤美枝子より🎵
★フォルヴィル伯爵夫人役の“ここを見てほしい!”という注目ポイントを教えてください!
「やはり、登場で10分以上演じる独壇場のようなアリアでしょうね。
私のようなレッジェーロのレパートリーの歌手は10分以上のアリアを演唱することは、わりと当たり前に受け止めていますが、このフォルヴィルだけは、2000年のまだ若かりし頃に初役で歌わせていただいた時から、私にとっては最もしんどい役でした。
名前の如く、些細な事にとても敏感で、敏感であるからこそ反応も大きくて、凡人でない、何にも属されない独特な性質を持つ伯爵夫人という役柄を私なりに作ってきました。
おまけにロッシー二は超絶技巧を当たり前のように書いているし、スコアを読めば、上記のキャラクターを存分に発揮するべく指示されているのですもの!
稽古中、『もう無理っ!!!』『体力の限界(笑)!!!』と、ゼーゼー言いながら毎回アリアを歌う日々でした…。
ということで、今回をもって、このフォルヴィルは卒業しようと思います!
皆さんにはどうかどうか温かい目でご覧いただきたいと思います❤️
そして終演後、このオペラに出演する人物の1人に、独特な世界で生きている変な人が居たよね、と思い出していただけたら嬉しいです。」

★今回の公演への想いをお願い致します!
「これまで何度もこの『ランスへの旅』に出演してきました。
私が初役としてこのフォルヴィルを演じた時にご一緒した三浦さんとは、お互いに役が変わりながらほぼ毎回ご一緒しており、久保田さん、折江さんとも回を重ね、その度ごとに楽しい時間を共有し、作り上げてきました。
今回は出演者も新たになり、初めてご一緒する共演者の方も沢山おられますが、この演目ならではの、とても和やかで楽しく、笑いの絶えない稽古場でした。
私達のこの稽古場の良い空気感そのままが舞台に乗せられる事と思います。
観客の皆様にも大いに楽しんでいただければ嬉しいです!」

 

横前奈緒より🎵
★フォルヴィル伯爵夫人役の“ここを見てほしい!”という注目ポイントを教えてください!
「フォルヴィル伯爵夫人は、服装も髪型も、人と一緒は絶対に嫌!
おしゃれが大好きで、流行に目のない女性です。
アリアでは、シャルル10世の戴冠式のために特別に作らせた服飾品を紛失した悲しみを嘆き、のちに帽子が見つかると、歓喜の気持ちを華麗なコロラトゥーラにのせて歌います。
『Pazza』(気が狂った女性という意味のイタリア語)と言われがちですが、結構こういう人、いるんじゃないかなと思います。
自分でデザインして特注ワンピースを作ったり、“一点もの”が好きだったり、自分が身につけるものには1ミリたりとも妥協を許さなかったり。
そういう現実に存在する女性の心の中を覗く感じで、役作りをしています。
流行の最先端を行く彼女は、衣裳も他の登場人物とは少し違います。
衣裳にも注目してご覧ください!

おしゃれのことばかりに夢中かとおもいきや、騎士ベルフィオーレに言い寄られてちょっと良い気になっているという一面もあります。
若くして未亡人で、またまた若い騎士ベルフィオーレに言い寄られている。
本気にはしてなくても、まんざらでもないんです。内心結構嬉しいんです。
オペラの中に二人きりのシーンはありませんが、ベルフィオーレが他の女性と一緒にいると聞くと『なんて腹立たしい、時が来たら復讐してやる!』なんて怖いことを言ってます。
嫉妬深くて自分勝手で気分がコロコロ変わる女性ですが、どこか愛らしくて憎めないフォルヴィル伯爵夫人。
どうぞお楽しみに!」

★今回の公演への想いをお願い致します!
「昨年『ラ・チェネレントラ』クロリンダ役で藤原歌劇団にデビューして、今年はフォルヴィル伯爵夫人という大役を任せていただけることになり、大変嬉しく、身の引き締まる思いです。
そして、学生のころから憧れていた方々とこうして同じ舞台に立っていることが今でも夢のようで、頰をつねっては夢でないことを確かめています。
オペラの舞台は演奏する人だけでなく、舞台スタッフさんや照明さん、衣裳さんなどなど、お客様から見えない部分でも大勢のスタッフさんが動いていらっしゃいます。
そんな大勢の愛が込められた『ランスへの旅』。
ぜひ足をお運びください!」

 

日本を代表するプリマドンナ佐藤美枝子と、新時代を担うレッジェーロソプラノとして活躍を始めている横前奈緒の二人が演じるフォルヴィル伯爵夫人❣️
超超超絶技巧の連続に目も耳も瞬きする暇がないほどの大曲アリアが見どころです✨
その臨場感を味わうには“生の舞台”を是非ご覧ください‼️

 

オンラインなら24時間チケット購入ができますので、是非ご利用ください♪♪
 
✨「ランスへの旅」公演特設サイトはこちらから👇♪
201909reims

ページ上部