1. トップ
  2. >
  3. 公演情報・チケット
  4. >
  5. JOF Blog 舞台裏レポート
  6. >
  7. 魅惑の美女はデスゴッデス!/ジャンニ・スキッキ
  8. >
  9. 【キャストコメントvol.1】「ジャンニ・スキッキ」リヌッチョ役の海道弘昭/渡辺 康よりメッセージ★

JOF Blog 舞台裏レポート

魅惑の美女はデスゴッデス!/ジャンニ・スキッキ 舞台裏レポート

2021.04.10

【キャストコメントvol.1】「ジャンニ・スキッキ」リヌッチョ役の海道弘昭/渡辺 康よりメッセージ★

2021年4月24日(土)&25日(日)テアトロ・ジーリオ・ショウワにて上演する、日本オペラ協会&藤原歌劇団公演「魅惑の美女はデスゴッデス!」&「ジャンニ・スキッキ」のスペシャルキャストコメント第1弾❣️

本日は「ジャン二・スキッキ」より、リヌッチョ役を演じる海道弘昭(24日)と渡辺 康(25日)からメッセージが届きました✨
 

♪海道弘昭より
★リヌッチョ役の“ここを見てほしい!”という注目ポイントを教えてください!
「リヌッチョはラウレッタに恋をしていますが、2人の結婚はブオーゾ叔父さんの許しにかかっていました。
ブオーゾ叔父さんの死を本当に悲しんでいる唯一の家族。それがリヌッチョです。
その見識でフィレンツェの豪族たちを振り回すジャンニに憧れを持っています。
勇気を出して家族からの蔑みや嘲笑を止める事ができるのか、そしてラウレッタと結ばれる事が出来るのか。
2人の思いは春の訪れを祝う祭『Calendimaggio(カレンディマッジョ)』で結ばれる事を夢見ています。
リヌッチョのこのセリフが舞台を動かす勇気に繋がります。
どうぞリヌッチョを応援宜しくお願い致します!」

日本オペラ協会公演「キジムナー時を翔ける」より

日本オペラ協会公演「キジムナー時を翔ける」より

★今回の公演への想いをお願い致します!
「数年前、人生で初めてフィレンツェの街へ来た日はジャンニ・スキッキに出てくる地名を辿る旅となりました。
アルノ川に掛かるポンテヴェッキオからジョットの鐘楼など歌詞に出てくる観光地をめぐり、想いをはせました。今もそのワクワクが胸に残っています。
この度、日本オペラ振興会40周年という記念すべき公演、さらには素晴らしいキャストの方々との共演、そしてプッチーニ完成作としては最後の作品に参加出来る事は大変光栄に思います。
そもそもジャンニ・スキッキが日本で初めて上演されたのも1954年に藤原歌劇団によるものだったそうです。
半世紀を超えて、また新たな歴史として刻まれる本公演がお越し下さる全ての皆様の心に残りますように誠心誠意演じ歌います。
どうぞ楽しみにお越し下さい。」

 
 
 
♪渡辺 康より
★リヌッチョ役の“ここを見てほしい!”という注目ポイントを教えてください!
「叔父ブオーゾの死から巻き起こる遺産相続の渦中にドナーティ家の一員として巻き込まれるリヌッチョ。
その中でもがき、苦悩し、親戚達をいかに説得してジャンニ・スキッキを迎え入れ、そしてラウレッタと結ばれることができるのか。。
そのドタバタの中で1人の男として成長していく様を是非見て頂けたらと思います。
年齢設定は20代前半ということで、自分だったらこの年齢の時にこのような大胆な行動、決断ができたのか。きっと出来なかったと思います。(笑)」
 

日本オペラ協会公演「静と義経」より

日本オペラ協会公演「紅天女」より


 
★今回の公演への想いをお願い致します!
「コロナ禍で自分自身舞台から遠ざかっていたので、稽古を通してアンサンブルをすること、皆で舞台を創りあげることの喜びを噛み締めております。
オペラ漬けの毎日で作品から自分自身生きる活力をどれだけ得ているかを実感すると共に、それを舞台でみなさまと共有できることを願っております。
今回が本公演デビューとなりますが、この公演に全力でぶつかっていきたいです!!」


 
プッチーニの集大成とも言われる『三部作』の中で、もっとも上演される機会の多い「ジャンニ・スキッキ」。
個性豊かな登場人物たちが繰り出す“欲”にまみれたドタバタコメディーを、ぜひテアトロ・ジーリオ・ショウワでお楽しみください!
 
皆さまに安心してご来場いただける公演づくりを目指して公演実現に向け準備を進めております。
どうぞご支援・ご声援のほど宜しくお願い申し上げます!
 
✨「魅惑の美女はデスゴッデス!」「ジャンニ・スキッキ」公演特設サイトはこちらから👇♪
slide_death-gianni

ページ上部