1. トップ
  2. >
  3. 公演情報・チケット
  4. >
  5. JOF Blog 舞台裏レポート
  6. >
  7. 魅惑の美女はデスゴッデス!/ジャンニ・スキッキ
  8. >
  9. 【キャストコメントvol.3】「ジャンニ・スキッキ」ツィータ役の松原広美/古澤真紀子よりメッセージ★

JOF Blog 舞台裏レポート

魅惑の美女はデスゴッデス!/ジャンニ・スキッキ 舞台裏レポート

2021.04.12

【キャストコメントvol.3】「ジャンニ・スキッキ」ツィータ役の松原広美/古澤真紀子よりメッセージ★

2021年4月24日(土)&25日(日)テアトロ・ジーリオ・ショウワにて上演する、日本オペラ協会&藤原歌劇団公演「魅惑の美女はデスゴッデス!」&「ジャンニ・スキッキ」のスペシャルキャストコメント第3弾❣️

本日は「ジャンニ・スキッキ」より、ツィータ役を演じる松原広美(24日)と古澤真紀子(25日)からメッセージが届きました✨
 
 
♪松原広美より
★ツィータ役の“ここを見てほしい!”という注目ポイントを教えてください!
「メッゾ・ソプラノとしては、プッチーニへの愛が報われる役です。プッチーニは大好きな作曲家ですが、残念ながらメッゾ・ソプラノに重きを置いてくれませんでした。スズキも重要な役ですが、蝶々夫人に仕える立場ですし、『修道女アンジェリカ』公爵夫人も重要ですが、最後のみ登場します。
ところが、ツィータはオペラ冒頭から、ほぼ最後まで、ず~っと出ます。亡くなったブオーゾ・ドナーティが本家の長男の息子とすると、シモーネの方がツィータより年上ですが立場が弱い点から、長女の息子。ツィータは次男の娘と考えられ、親族を代表する60歳の老局。
演出の岩田さんは、もしイギリス演劇であれば、女王のように、登場人物の最初に書かれる重要な役と仰り、ヒロインとして扱って下さっています。声楽的に見ても、低音が多く、下のラまである上、高音も多く、上のラまであり、2オクターブにわたって表現する必要があり、音域がとても広いです。つまり、プッチーニのオペラに登場するメッゾ・ソプラノの中で、一番存在感を発揮できる役といえます。
またツィータの夫役が登場しないので、死別か独身としても、シングルといえますが、岩田さんによると、独身であろうと。自分の意思で結婚したくなかった、または出来なかったのではなく、『修道女アンジェリカ』公爵夫人のように、家名を守る立場だったため、独身を貫いたのではないかと。歌詞からも、ジャンニに対する“ある(嫌な)想い”がわかり、もしかしたら若かりし頃、二人の間で何か♡ あったのかもしれません?
そのために、愛しい甥であるリヌッチョが、ジャンニの娘・ラウレッタと結婚したいと懇願すると、ゴキブリを見たかのように“絶対血を濁したくない!”と拒絶反応を示します。
実在したドナーティ家の遺産と家名を守りたいというツィータの必死さが、皆を牽引していく点に、ご注目ください。」


 
★今回の公演への想いをお願い致します!
「私は23歳になったばかりの秋、ロータリー財団奨学生として、イタリア留学を開始しました。
本来の研修先はミラノでしたが、最初の1ヶ月は語学研修を課され、フィレンツェに住みました。大学を卒業するまで、実家住まいだったので、初めての一人暮らしがフィレンツェでした! 語学学校はフィレンツェを代表する学校で、その名も‘ダンテ・アリギエーリ’。
毎日6時間の授業で、それはハードな日々でしたが、随時実施された学校の案内によるフィレンツェ観光は、何よりの楽しみでした。中心地は勿論のこと、足を延ばして、キャンティ、フィエーゾレ、アッシジなどまで。特に、アッシジは訪れた1週間後に、あの大地震が起こり、ショックを受けたと同時に、救われたことに感謝しました。
そして、フィレンツェの街の秘密を知ることに・・・オペラに登場するヴェッキオ橋は、ただの橋にあらず、その2階は‘ヴァザーリ回廊’というメディチ家が作らせた回廊になっています。またヴェッキオ宮殿~ウフィツィ美術館~ヴェッキオ橋~ピッティ宮殿と別々の建物に見えますが、1km以上にわたって繋がっています。途中には秘密の通路や隠し部屋があったり、フィレンツェ最古の教会と繋がっていたり。当時このツアーは個人に許されておらず、団体予約で実現したので、貴重な経験をさせてもらったことを今改めて有難く感じています。
今でも目に焼きつく、毎日眺めた美しいヴェッキオ橋の風景。
そんなフィレンツェへの想いを胸に、公演ではツィータになりきりたいと思います。」
 

日本オペラ協会「キジムナー時を翔ける」より

日本オペラ協会公演「キジムナー時を翔ける」より


 
♪古澤真紀子より
★ツィータ役の“ここを見てほしい!”という注目ポイントを教えてください!
「ツィータはジャンニ・スキッキのことを、知恵者だとしても信用ならない男と思っており、心の底から嫌っています。
ジャンニ・スキッキの策略に心が動きますが結局は裏切られます。
彼女は、相続権に関しては自分が一番だと信じ、真っ先に意見し、常に貴族としての威厳を見せる女性です。そんな強者のツィータの振る舞い、そして各々主張する親族達との欲の駆け引きも見どころです。
喜劇といえども劇中の登場人物達は、この先の人生のために皆必死なのです!目先の欲をつかむ者、道を切り拓き希望をつかむ者、両者の対決を見届けて下さい。」

 
 
★今回の公演への想いをお願い致します!
「記念すべき公演に携われることに心より感謝をしています。出演依頼の話しをいただいた時は、まさか私がこの役を!と信じ難い想いでしたが、出来る限りの表現を探して真に迫りたい、そう決めて試行錯誤しながら立ち稽古進行中です。
死生観を考えさせられる今、『生と死』がテーマの2演目を取り上げた我が団体の意気込み。指揮松下氏&演出岩田氏による、「ジャンニ・スキッキ」チームの《欲と人間構図》をどうぞ生で味わっていただきたいです。私はツィータ役として濃~い一時間を駆け抜けたいと思います。公演スタッフ関係者、出演者、感染予防対策をしながら準備をしております。この機会に、是非足をお運びいただけますと嬉しいです。」
 

藤原歌劇団公演「蝶々夫人」より

藤原歌劇団公演「蝶々夫人」より


 
ジャンニ・スキッキや親族との熾烈な戦いをはじめ、四重唱や三重唱など、音楽の聴きどころも盛り沢山。
欲望&感情が大爆発のツィータを、ぜひ会場でお楽しみください!
 
皆さまに安心してご来場いただける公演づくりを目指して公演実現に向け準備を進めております。
どうぞご支援・ご声援のほど宜しくお願い申し上げます! 
 
✨「魅惑の美女はデスゴッデス!」「ジャンニ・スキッキ」公演特設サイトはこちらから👇♪
slide_death-gianni

ページ上部