1. トップ
  2. >
  3. 公演情報・チケット
  4. >
  5. JOF Blog 舞台裏レポート
  6. >
  7. イル・トロヴァトーレ
  8. >
  9. 【キャストコメントvol.2】ルーナ伯爵役の須藤慎吾/上江隼人よりメッセージ★

JOF Blog 舞台裏レポート

イル・トロヴァトーレ 舞台裏レポート

2022.01.22

【キャストコメントvol.2】ルーナ伯爵役の須藤慎吾/上江隼人よりメッセージ★

2022年1月29日(土)・30日(日)東京文化会館大ホール、2月5日(土)愛知県芸術劇場大ホールにて上演する藤原歌劇団公演「イル・トロヴァトーレ」のスペシャルキャストコメント❣️

第2弾は、ルーナ伯爵役を務める須藤慎吾(1/29・2/5)、上江隼人(1/30)のメッセージをお届けします✨
 
♪須藤慎吾より
★ルーナ伯爵役の“ここを見てほしい!”という注目ポイントを教えてください。
「オペラ『イル・トロヴァトーレ』には、オペラに詳しい人ほど“良いオペラだけど話が荒唐無稽”とか“話の展開が強引だ”といった感想を持っているイメージがあります。
私もかつては同じような感想を抱いていました。しかし、A.G.グティエレスによる原作「エル・トロバドール(El Trovador)」を読んだ後はこのオペラのそういった印象は皆無となり、運命に翻弄される主人公たちにより次々とストーリーが展開されていく胸熱くたぎる騎士物語だと感じられるようになりました。
オペラには生き別れた兄弟であるルーナ伯爵とマンリーコのどちらが兄であるかの記述はないのですが、原作戯曲の冒頭にははっきりとマンリーコが年の近い兄であると書かれています。一般的なオペラ公演では声の成熟度が必要なバリトン歌手の実年齢的が高いことが多いからか、バリトンのルーナ伯爵が兄として演出されることが多く、実際私が今まで歌ってきたルーナ伯爵もマンリーコよりも落ち着いた兄のような役作りを要求されることが常でした。しかし、今回は演出家粟国氏によって”血気盛んな若者”として設定されており、原作の騎士物語さながらに恋と苦悩を抱えた騎士として登場することになります。
強力な恋のライバルが実の兄とは知らず、”若さからくる大胆さや熱量”それと紙一重の”無謀さや苦悩”に満ちたルーナ伯爵の恋焦がれる若き騎士の姿をご覧ください。」


 
★今回の公演への想いをお願い致します!
「両日ともに藤原歌劇団が誇る歌手が集い熱い稽古を重ね、当団らしいスタンダードなイタリアオペラをお届けする準備が整いました。
上演の準備はもちろん、スタッフと出演者が一丸となって感染症対策もしっかりと行っております
皆さんのご来場をお待ちしております。」

2021年藤原歌劇団公演「ラ・ボエーム」より

2021年藤原歌劇団公演「ラ・ボエーム」より

♪上江隼人より
★ルーナ伯爵役の“ここを見てほしい!”という注目ポイントを教えてください。
「トロヴァトーレは名曲揃いの素晴らしいオペラです。ルーナ伯爵はとても真っすぐな人で、アリアにはヴェルディに珍しくというか、バリトンにとって数少ない愛の歌があります。とても難しいアリアですが、とても綺麗な曲です。レオノーラに一途なルーナ伯爵の姿を見ていただけたら嬉しいです。」

★今回の公演への想いをお願い致します!
「再び感染者が増えてきている中で、関係者一同細心の注意を払いながら稽古を進めています。今だからこそできる「トロヴァトーレ」を必死で追い求めています。是非ご都合が許す限り劇場に足を運んで聞いていただければと思います。何卒宜しくお願い致します。」

日本オペラ振興会設立40周年記念 藤原歌劇団公演「ジャンニ・スキッキ」より

日本オペラ振興会設立40周年記念 藤原歌劇団公演「ジャンニ・スキッキ」より

ルーナ伯爵は本当に悪役なの…?!
レオノーラを巡る、吟遊詩人マンリーコとの熱い三角関係は目が離せません👀❣
愛する人への想いを歌う美しいアリア「Il balen del suo sorriso(彼女の微笑みの輝きが)」にもご注目ください👀✨
 
 
チケットのお求めは、【オンラインチケット】が便利です❣
 
皆さま安心してご来場いただける公演づくりを目指して公演実現に向け準備を進めております。
どうぞご支援・ご声援のほど宜しくお願い申し上げます!
 
✨「イル・トロヴァトーレ」公演特設サイトはこちらから👇♪
slide_death-gianni

ページ上部