1. トップ
  2. >
  3. 公演情報・チケット
  4. >
  5. JOF Blog 舞台裏レポート
  6. >
  7. イル・トロヴァトーレ
  8. >
  9. ♪作品の楽しみ方♪その4

JOF Blog 舞台裏レポート

イル・トロヴァトーレ 舞台裏レポート

2022.01.29

♪作品の楽しみ方♪その4

✨新企画✨オペラ初心者の方やオペラマニアの方まで、その作品を骨の髄まで楽しめる!?オペラ鑑賞ガイドをお届けいたします🎶
 
2022年1月29日(土)・30日(日)東京文化会館大ホール、2月5日(土)愛知県芸術劇場大ホールにて上演する藤原歌劇団公演「イル・トロヴァトーレ」の楽しみ方、最終回となる第4弾❣️
過去の藤原歌劇団公演写真と共にオペラの裏側、味わい方を知り、ぜひ劇場でより深く作品の魅力をご堪能ください‼️
 
 
Vol.4《血湧き、胸躍る、イタリア・オペラ中のイタリア・オペラ》
 
「イル・トロヴァトーレ」はヴェルディの制作意欲が旺盛な中期の大傑作。「血湧き、胸躍る、イタリア・オペラ中のイタリア・オペラ」だ。勇ましいメロディに乗り、絶世の美女をめぐって、兄と弟が決闘を繰り広げる、ロマンチックな恋物語だ。そして音楽は、ソプラノ、テノール、バリトンのアリアの中でも、最も人気のある名アリアが揃っている。

1996年 藤原歌劇団公演「イルトロヴァトーレ」より レオノーラ:マリア・グレギーナ/イネス:森山京子

1996年 藤原歌劇団公演「イルトロヴァトーレ」より
レオノーラ:マリア・グレギーナ/イネス:森山京子

レオノーラのアリアは「恋は薔薇色の翼に乗って」。塔に囚われた恋人に自分の想いが届いて欲しいと歌う美しい旋律だ。

マンリーコのアリアは「見よ、恐ろしき炎を」。火あぶりになるという母を救いに出かける勇ましいアリア。

1987年 藤原歌劇団公演「イル・トロヴァトーレ」より マンリーコ:ジョルジョ・ランヴェルティ

1987年 藤原歌劇団公演「イル・トロヴァトーレ」より
マンリーコ:ジョルジョ・ランヴェルティ

そしてルーナ伯爵が歌うのは、バリトンの最高傑作アリアといわれる「君の微笑み」。君の微笑みは、星の輝きにもまさると、レオノーラへの想いを切々と歌う珠玉のアリアだ。
(文章:石戸谷結子)
 
まもなく初日の幕が開けます…❣
皆さまお好きな視点で、「イル・トロヴァトーレ」の世界に浸っていただければ幸いです。
ぜひ劇場で、生のオペラをご堪能ください✨

 
チケットのお求めは、【オンラインチケット】が便利です❣
 
皆さま安心してご来場いただける公演づくりを目指して公演実現に向け準備を進めております。
どうぞご支援・ご声援のほど宜しくお願い申し上げます!
 
✨「イル・トロヴァトーレ」公演特設サイトはこちらから👇♪
slide_death-gianni

ページ上部