1. トップ
  2. >
  3. 公演情報・チケット
  4. >
  5. CiaOpera!
  6. >
  7. Vol.11-郡 愛子 1

CiaOpera!

CiaOpera!(チャオペラ)Vol.11 郡 愛子
Vol.11 -
郡 愛子

伝統を継ぎ、革新へつなげる。
2代目日本オペラ協会の女流総監督・郡愛子氏に訊く。

60年間日本オペラ協会を牽引されてきた大賀寛先生から2代目を引き継ぎ、大変な責任を感じている。けれど日本オペラの発展のため、新しい試みを積極的に提案し、“コンセプト”を明確にし、「日本で日本オペラを専門的に上演する唯一の公式団体」として、内外へ存在感をアピールしていきたい。今年度の『ミスター・シンデレラ』と『夕鶴』は、第一弾にふさわしい2作品。歌手として、自分の世界をつくること、お客様に感動を届けることの大切さを若い世代へ伝えながら、藤原歌劇団と共に支え合って新しいイメージの日本オペラを打ち出していきたい。

今最も旬なアーティストのリアルな声や、話題の公演に関する臨場感あるエピソードなど、オペラがもっと楽しめること請け合いの情報をお届けする新コーナー「CiaOpera!」。第11弾は、2017年4月から、日本オペラ振興会においても女性として初めて、日本オペラ協会の2代目総監督に就任した郡愛子氏に、意気込みや今後の展望、今年度の上演作品について、そして歌手活動との両立についてお話を伺いました。

日本のオペラの時代が来るはず。お客様へはもちろん、オペラ歌手へも存在感を高めたい。

−今日は、今年度「日本オペラ協会」2代目総監督に就任されました、郡愛子さんにお話を伺いたいと思います。
昨年度まで、郡さんはすでに“総監督補”として、総監督でいらした大賀寛先生を補佐するお立場でいらっしゃいました。なにか、昨年度から引き継いでいる思いはありますか?

そうですね。昨年、1年間総監督の大賀寛先生の補佐として就いてみて、総監督というのは大変な重労働だ、と。それまで自分が舞台に乗せていただき、歌い手として自分の調子の良し悪しや、気持ちの面と向き合っていたのですが、総監督はオペラの企画から関わって、全体の制作進行を見ることはもちろん、さまざまな作品の稽古にも立ち会うなど、いかに大変なお仕事かということを感じました。ですから、それに60年携わってきた大賀先生は、本当に偉大な方だということを痛感いたしました。そうして長年先頭に立って日本オペラ協会を引っ張ってこられた大賀先生から2代目を引き継いだということに、大変な責任を感じております。

郡 愛子

−そうなのですね。2代目として、こうしていきたい、というビジョンをお聞かせ願えますか?

大賀先生が私に、「とにかく、いちばんやって欲しい」とおっしゃったことは、日本オペラ協会はここまで頑張ってきたけれども、それをもっともっと発展させて欲しいということ。そのことを私に託されたので、まずは日本オペラ協会の存在感を、より鮮明にするということですね。どうしても藤原歌劇団のような洋物オペラと比べてしまうと、日本オペラはまだまだ知られていないといいますか。例えばイタリアオペラの『蝶々夫人』というと内容を分かる方が多いけど、日本オペラの『ミスター・シンデレラ』といっても皆さん分からない。どうしたら日本オペラ協会の認知度を上げていけるかを考えたときに、外部への打ち出し方はもちろんなのですが、まずは日本オペラ振興会の内部で存在感を示していこうと考えています。
「日本人がつくった日本独自のオペラ」を専門的に上演しているおおやけの団体というのは、日本オペラ協会しかないのですね。ですから、それをもっと堂々とアピールしていきたい。国内全体においても、“日本文化”というのはともすると少し地味だと思われてきましたが、今はそれがずいぶん見直されてきている時代ですよね。そんな折、「日本オペラの専門団体」というものがあるということ自体あまり知られていないですから、そのことをもっと世間に知っていただけるよう努めてまいりたいと思います。

−世界的にも日本文化はとても高く評価されてきたので、日本社会も全体的に自分たちの文化をアピールしようという機運が盛り上がっていますよね。

そうなんです、だから日本オペラの時代が来るはずなんです。そこに向けてどうするかなのですが、ひとつは“コンセプト”というものをしっかり打ち出すことではないかと思っています。例えば、その年度の上演作品を選ぶ際に、日本オペラ協会としてどうしてその作品を採り上げるのかが説明できる、とか。ある作品でチラシを制作するにしても、そのチラシを見て「あ、こういう内容なんだ」ということがこれまで以上にスッと伝わるものをつくる、とか。“コンセプト”を大事にすることで、ご来場いただけるお客様の数にも反映されてくるのではないかと思います。また基本的なことと考えますが、台本作家と作曲家の抱くコンセプトを演出家と指揮者の方からきちっと示していただき、それを出演者のみなさんが共有するということが大変大事だと思うんです。稽古前に話し合いをしてみんなでひとつの方向を向いてオペラを創っていきたいと思います。

郡 愛子

そしてもうひとつ、これはこれから色々な作曲家や台本作家の方々と相談しなければならない大事な課題のひとつになると思うのですが、例えば洋物オペラにはクライマックスのシーンでワーッと拍手がきて盛り上がるようなアリアが多くみられます。そして逆に「あのアリア、いいよね!あれはなんのオペラなの?」…と1曲のアリアがきっかけでオペラへの来場につながる場合もあるようです。また歌舞伎では同様にクライマックスシーンで役者が「見得」を切り、客席がドッと盛り上がります。そしてこれがお客様方の快感を呼び起こします。そういった要素が日本オペラには少し足りない部分かなと思います。ですから、すでにある作品を再演する場合でも、新作を生み出す場合でも、お客様に喜んでいただける「日本オペラならではの魅力を発揮する何らかの要素」についてもっと研究する必要があるように感じます。日本オペラが、お客様にどうしたら喜んでいただけるかということを常に考え、いつの時代にも通じる優れた作品が数多く後世に残っていくことになればいいなと思います。

ページ上部