1. トップ
  2. >
  3. 公演情報・チケット
  4. >
  5. CiaOpera!
  6. >
  7. Vol.13-牧野真由美 1

CiaOpera!

CiaOpera!(チャオペラ)Vol.13 牧野真由美
Vol.13 -
牧野 真由美

マリエッラ・デヴィーア氏の「腹心の友」を演じる、
緊張感と幸福。

「クロティルデ」は、出番は少ないながら、悩みと葛藤の日々を送る「ノルマ」が唯一心許せる「腹心の友」。世界的なベルカント・オペラの名手、マリエッラ・デヴィーア氏とのみやりとりをする役として、同じ舞台に立てることに大変な緊張感と幸福を感じる。『ミスター・シンデレラ』では一変、日本語の歌唱を研究し、なにが起こるか読めない稽古場を楽しみにエキセントリックな日本のコメディー・オペラを表現したい。ラジオ番組のナレーションや、脚本家としての一面も持っている。完全に体を休めるリラックスデーもあるが、文化活動を楽しむ日々が性に合っていると思う。

今最も旬なアーティストのリアルな声や、話題の公演に関する臨場感あるエピソードなど、オペラがもっと楽しめること請け合いの情報をお届けする新コーナー「CiaOpera!」。第13弾は、7月1日・4日に、ベッリーニのオペラ『ノルマ』に、ノルマの親友クロティルデ役で出演される牧野真由美さんに、作品への意気込みやマリエッラ・デヴィーア氏との共演、出演者について、10月の出演作『ミスター・シンデレラ』について、そして多彩な日常生活について、お話を伺いました。

ノルマとクロティルデ。表に出ない、深い信頼関係を感じさせるシーンに。

−まずは、いよいよ7月に上演がせまって参りました『ノルマ』についてお話を伺いたいと思います。牧野さんは、今回「クロティルデ」の役で7月1日と4日に出演されますね。このクロティルデ役は、初役でしょうか?

はい、日本ではめったに上演されない演目ですので、『ノルマ』という演目に携わるの自体が初めてです。

牧野 真由美

−そうでしたか!では、本作に臨むあたっての意気込みをお聞かせいただけますか?

なんといっても、ベッリーニの名作として名高いこの『ノルマ』に、小さい役ながらも関われるということはとてもエキサイティングですし、私の出演する日は「ノルマ」役がマリエッラ・デヴィーアさんであり、「クロティルデ」の登場する場面はすべてノルマとの会話だけですので、緊張感は非常に大きいです。ですが、楽しみでもありますね。

−ノルマとしか関わらない役なのですね!クロティルデという人物について、少し解説をお願いできますか?

はい。この作品は、なんといってもノルマがいちばん大きな役で、声楽的にも難しい技巧でずっと歌い続けなければなりません。もちろん「アダルジーザ」や「ポッリオーネ」も大役ですし、それから「オロヴェーゾ」というノルマの父親役も、ノルマの運命の鍵を握る重要な役です。チラシには、そのあとに「クロティルデ」が書かれていますが、出番はとても短くて。音符の数だけ数えると「あら、これだけかしら?」と思ったりもするのですが、代わりに登場シーンはほぼノルマとふたりきりなのです。ご存知のように、ノルマという女性は、社会的に責任のある立場にありながら、敵対するローマの大将と恋に落ち、ふたりの子どもをもうけてしまうという非常に難しい状況で、不安と緊張のなか毎日を過ごしているわけですね。そんななかで、ふたりの子どもを実際に誰が育てているかというと、クロティルデが育てているのです。ということは、クロティルデはノルマの重要な秘密を守らなければならない立場にあり、ノルマにとっては、自分の秘密を話し、状況を受け入れてもらっているほど信頼している存在でもあるのですね。楽譜には、クロティルデのことをノルマの「confidente(コンフィデンテ)」と書いてあるんです。一般的な「女友達」という意味の「amica(アミーカ)」でも良さそうなものですが、この「confidente」という言葉には「心から信じる腹心の友」という意味があるようなのです。

−あえて「confidente」と書かれているのですね。ノルマの心の支えとして、大変重要な役なのですね。

そうなのです。かつて愛した人は自分に背を向け、彼の新しい恋人はなんと自分を信頼して恋の相談に来たアダルジーザその人であり、年若い彼女に対しては少なからず威厳を持って接しなければならない。葛藤や悩みを常に抱えて、孤独のなかに生きているノルマとふたりきりになったとき、クロティルデは今ノルマ自身がどう思っているのか、母親としてどうあるべきかなど、まるで彼女の鏡のように、自問自答の手助けをするような質問をするのです。それからまた、ノルマと会っていない、ひとりでいるときのアダルジーザの様子をノルマに報告するという、そんな場面もあります。

−クロティルデは、常に強くあらなければいけないノルマが、唯一少し弱い部分を見せられる、ホッとできる存在なのですね。

そうだと思います。見守っている立場であると思います。

−では、今回はマリエッラ・デヴィーアさんを支える役なのですね!

はい。現代のオペラ界のなかで、ベルカント・オペラを歌ったら右に出る者はいないのではないかと思われるような、ベルカント・オペラの女王といってもいいような方ですよね。その方と同じ稽古場に、ずっと一緒にいられるというのはとても光栄で、幸せなことです。

−デヴィーアさんと共演されるのは、初めてですか?

はい、初めてです。稽古場でもクロティルデと同じように、少しでもデヴィーアさんが歌いやすいよう、出来ることを精一杯させていただけたらと思います。

−楽しみですね!クロティルデがノルマの心を強く支えている、その関係性が見どころなのですね。

そうですね。短い場面ではあるのですが、それでもデヴィーアさんと同じ瞬間に舞台に立って歌うということは声楽家として緊張感のあることですし、短い時間のなかでも、ノルマが恋に落ちて、子どもを産んでからこれまでのあいだずっと悩みながら暮らしてきた、そんなノルマの本当の姿を垣間見られるような、舞台には出ていない部分も伝わる場面に出来ればと思っています。

−作品全体を通しての、牧野さんのオススメポイントはありますか?

それはもう、たくさんあります!粟國淳さんの演出は大変美しく、登場人物ひとりひとりの心情が伝わってくるものですし、それからやはりベッリーニの音楽の、イタリアのベルカント・オペラを象徴するような美しいメロディーやハーモニーが魅力です。とにかくどこをとっても音楽が美しいのです。個人的には、なかでもたとえばノルマとアダルジーザの二重唱などは聴きどころだと思いますし、なんといってもノルマが1幕で歌うアリア「清らかな女神よ」は壮大な場面になるのではないでしょうか。粟國さんは“月”をモチーフにするとおっしゃっていたので、月や自然と一体になった神々しい世界をおつくりになるのではないかと思います。

−想像するだけで素敵そうですね!

はい。それから時代背景も紀元前のことで、まだローマ帝国も建国半ばというような時代に、それぞれの土地に根付いた原始的な風習や宗教を描いているのですが、例えば女性が戦士として戦いに参加することもあったようなのです。ですから合唱団のなかに女戦士の格好をした方がいたりと、舞台はヨーロッパでありながらも古代ならではの装束を身につけています。一方で音楽自体は19世紀のものですので、複合的な時間旅行が楽しめるというのが、本作のポイントだと思います。

−今回、マリエッラ・デヴィーアさんとの共演は初めてとのことですが、他の出演者のみなさんとはいかがでしょうか?

ポッリオーネ役の笛田さんとは、何度もご一緒しています。今や藤原歌劇団が誇る大テノールとして、デヴィーアさんの相手役で堂々と歌われるのだな思うと感慨深いですね。オロヴェーゾ役の伊藤さんとは、『仮面舞踏会』の初演のときにご一緒しました。フラーヴィオ役の及川さんは、2014年の『蝶々夫人』のときにピンカートン役のカヴァーをされていたのが出会いです。アダルジーザ役の、ラウラ・ポルヴェレッリさんは初めてです。今回のプロダクションは、若い方達が多いんですよ。7月2日のキャストの方達も、フレッシュながら実力の確かな、これからの藤原歌劇団を背負って立つ方々ですので、ぜひ両日足をお運びいただけたらと思います!

ノルマ ミスター・シンデレラ
ページ上部