1. トップ
  2. >
  3. 公演情報・チケット
  4. >
  5. CiaOpera!
  6. >
  7. Vol.16-坂口裕子 1

CiaOpera!

CiaOpera!(チャオペラ)Vol.16 坂口裕子
Vol.16 -
坂口裕子氏

藤原歌劇団本公演2作目への出演に、心高鳴る。
「ルチア」役の坂口裕子氏。

藤原歌劇団のみなさんと舞台をつくることが本当に楽しい。「ルチア」はイタリア、そして日本でもデビューを飾った大切な役。けれど楽譜は見るたびに常に発見が得られると思うので、過去に捉われず一から勉強し直す気概で、どんどんと自分を深め、覚悟を持って新しい「ルチア」を生きていきたい。『夕鶴』『ドン・ジョヴァンニ』など出演が続くが、お客様の心に残る歌い手を目指して活動していきたい。プライベートでは、「何故」を大切にしながらよく舞台を観る。その「何故」が、また自分を進化させてくれる。

今最も旬なアーティストのリアルな声や、話題の公演に関する臨場感あるエピソードなど、オペラがもっと楽しめること請け合いの情報をお届けする新コーナー「CiaOpera!」。第16弾は、渋谷のオーチャードホールにて上演の藤原歌劇団本公演『ルチア』で、12月10日(日)に「ルチア」役を務める坂口裕子氏に、作品への意気込み、その後に控える『夕鶴』について、今後の歌手としてのビジョンやプライベートについても伺いました。

ここ藤原歌劇団で、新しい「ルチア」とひとつになって生ききりたい。

−今日はまず、12月10日に出演される『ルチア』についてのお話を中心に伺いたいと思います。坂口さんはこの『ルチア』が、『ドン・パスクワーレ』に続いて、藤原歌劇団の本公演では2作目のご出演ですね。2作目を迎えてみて、いかがですか?

『ドン・パスクワーレ』のとき、稽古場に通うのが本当に楽しかったです。喜劇だから、自然と明るくなったということもあるのでしょうが、加えて藤原歌劇団のみなさんが暖かくて。私は初参加だったのに、はじめから仲間のように迎えてくださって、それがすごく嬉しかったんです。指揮も、今回と同じく菊池先生だったのですが、イタリア・オペラの素晴らしさを知り尽くし、イタリア・オペラに生きていらっしゃる方ですので、その菊池先生とご一緒させていただけるということが本当に光栄で。「こんな機会、二度とないかもしれない!」と、プロダクション中ずっと思っていました。それから演出も、ドニゼッティが生まれたイタリアのベルガモ出身のベッロット先生がいらっしゃったりと、もう夢の中に生きているような心地だったのですが、今回『ルチア』の稽古場に向かっているときも、またワクワクしてくるんです。喜劇だから、悲劇だから、というのではなしに、「私、藤原歌劇団でみなさんと一緒に舞台をつくることが好きなんだな」と2作目にしてより感じています。

坂口裕子

2016年 藤原歌劇団公演「ドン・パスクワーレ」ノリーナ役(左) 右は折江忠道

−ワクワクする、ですか!いいですね!

そうなんです。キャストやスタッフが違えばやはりまた変わってくると思うので、「今度はどんな相乗効果が生まれるんだろう」などと考えるのが、とっても楽しいのです。

−「ルチア」という役は、もう何度か歌われていますか?

はい、小さい劇場ですが、イタリアで3回ほど歌わせていただきました。イタリアでの私のオペラデビューは「ルチア」だったんです、しかもベルガモで。そのあと、日本に帰ってきてデビューさせていただいたのも「ルチア」。そう思うと、「ルチア」は私にとってすごく思い出深く、大切な役だと思います。

坂口裕子

ルチアデビュー 2010年1月 ベルガモにて

−イタリアでも、日本でも、デビューが「ルチア」!これは偶然ですか?

はい、偶然です。ベルガモでのデビューのときは、周りから「ドニゼッティの生まれた町だから、ドニゼッティの作品には評価が厳しいよ」といわれ、どうなることやら、と思いながら演じたものの、それがきっかけでその後声をかけていただけるようになったりもしました。

−本当に、大切な役なのですね。今回のプロダクションでは、イタリアや日本でこれまで歌われてきた方向性を深めていかれるか、それとも新しいイメージの「ルチア」像をつくってみるかでいうと、どちらでしょう?

新しい「ルチア」をつくってみたいですね。もう1回、一から勉強し直したいなと思います。楽譜を読むたびに、新しい発見ってどんどん出てくるんです。楽譜から得るものには終わりがないと思うので、前に勉強したところにとどまらずに新しい境地へ進んでいくと、自分の中にも深みが出て、役の像も明確に見えてくるかなと。そんなふうにして、より「ルチア」として生きたい、と思うのです。精一杯真摯に「ルチア」を生きて、最後は死にきろう、と(笑)。「ルチア」を生きるには、覚悟がいるなと思います。最近思うことなのですが、そのとき演じている役によって自分の性格も変わるな、と。『ドン・パスクワーレ』の「ノリーナ」を演じていたときは、普段言わないようなことを相手にパーンと言ってしまったりして、自分でも「あれ?!」と感じましたし、「ルチア」のときは暗めで…暗くなりすぎて、周りのみなさんに迷惑かけないといいのですが(笑)。

−役が、だんだんご自身に染み込んでくるようですね!

そうなんです!もうひとつ最近感じることで、今までは自分が役の人物像へ寄っていこう、寄っていこうとしていたのですが、最近役のほうから寄ってきてくれるような瞬間があるな、と。それに気付けたことは、すごく収穫でした。

−興味深いですね!どんなときに「あ、今、役が自分に来たな」と感じるのですか?

何回か稽古をしているうちに、ある日「ひとつになった!」と感じる瞬間があるんです。そうすると自分が、自分なのか役なのか分からなくなって。今までいちばん驚いたのは、死ぬ役のときに本当に息をしなくてもしばらく苦しくなかったことです。以前だったら、ワーッと歌ったあとに死ぬと、本当は息があがっていて苦しいけど死んだはずの人があんまりゼーハー息をしていてはいけないと思い、なるべく静かに呼吸したりしていたのですが、そのときは暗転になるまで苦しくなくて。「私、息しないけど大丈夫かな?!」と気付き、あぁよかった、私生きてる、とホッとしたくらいでした(笑)。でも、死ぬ役というのはそのぐらい覚悟がいるな、とも思います。

坂口裕子

−ご無事で良かったです(笑)。でも、そのぐらい、役づくりを大切にされているのですね。

ルチア
ページ上部