1. トップ
  2. >
  3. 公演情報・チケット
  4. >
  5. CiaOpera!
  6. >
  7. Vol.17-党 主税 1

CiaOpera!

CiaOpera!(チャオペラ)Vol.17 党 主税
Vol.17 -
党 主税氏

リサイタルですべてを見せる。
オペラを通して「人」を知る。党主税。

リサイタルで伝えたいのは、これまでの自分の経験や想いのすべて。歌曲やオペラ・アリアを過去から順を追っていき、今の自分があるということ、そして未来の自分も提示したい。リサイタルでは一幕オペラを「絶対にやる」と構想していた。オペラをやることは、オペラのなかに生きることが心地いいと感じる自分を見せること。共演者のパフォーマンスも、彼らと共に歩んできた自分を見せることにつながると思う。家でも、いちばん多い会話は歌の話。オペラは「人」を知れる。それに気付いたあの日から、ずっと挑み続けてきたから。

今最も旬なアーティストのリアルな声や、話題の公演に関する臨場感あるエピソードなど、オペラがもっと楽しめること請け合いの情報をお届けするコーナー「CiaOpera!」。第17弾は、2018年1月20日にトッパンホールにて、「五島記念文化賞オペラ新人賞」の成果発表リサイタルを行う党主税氏に、リサイタルへの意気込みや、オペラ、共演者への想い、オペラとの出会いなどについてお話しを伺いました。

これまでの自分を、すべて伝えきりたい。ひとつの取りこぼしもなく。

−本日は、来年2018年1月20日に開かれる、党さんのリサイタルのお話を中心にうかがっていきたいと思います。まず、このリサイタルに向けての意気込みをお聞かせいただけますか。

はい。「五島記念文化賞オペラ新人賞」の成果発表としてのリサイタルになるのですが、賞をいただいてから少し時間が経っているということもありますので、これまで培ってきた経験や温めていた構想などを、全部発揮できるようにしたいと思います。ひとつの取りこぼしもないように。それが望みですね。

党 主税

−すべてを伝えきりたい、という思いなのですね。プログラムの選曲ポイントというのはありますか?日本ではなかなか聴く機会のない、珍しい曲が多いようにお見受けします。

第一部ではまず、声楽を始めたての頃に大変お世話になった故・大城康宏先生が、とても大事にされていたトスティの歌曲を歌おうと思っています。先生から「オペラばっかり歌うんじゃない、ロマンティックな歌曲も歌わなければダメだ」という教えを受けましたし、しかもトスティの曲は耳なじみがいいので、ぜひともプログラムに入れたいと。それからオペラ・アリアのほうでは、藤原歌劇団に研究生として入って本格的にオペラを勉強しはじめたときからの流れになっています。もう、モーツァルトの作品なんかは相当勉強させられましたし、僕自身がすごく好きな曲でもあります。モーツァルトやロッシーニなどは、こんにちまでの僕が形作られたうちの、最初の部分を担ってくれた作曲家なのです。また、プログラムにはジョルダーノという作曲家の『アンドレア・シェニエ』のアリアも入っています。この曲は大人のバリトンが歌うようなイメージがある曲ですが、これは、これまでの「僕」という小さな歴史の、その先の未来に少し足を踏み入れているというメッセージがお伝えできれば、と思っての選曲です。

−これから先、歌っていきたい方向性ということですね。

そうですね。きっと聴く機会の少ないアリアですよね。強烈な歌ですし、諸刃の剣でもあるとは思うのですが。この曲名を見て「おいおい党くん、大丈夫か」なんて思う人もいるかもしれないですね(笑)。

−今まで歌われたことはありますか?

小さなところでは歌ってきましたが、オペラの役として歌ったことはないですし、このような大きいホールで演奏したことはないですね。

−それは、楽しみですね!ロッシーニの『ブルスキーノ氏』のアリアなども、なかなか珍しい曲ですね。

そうかもしれませんね。ロッシーニに関しては、東京でも比較的最初のころから歌ってきましたし、イタリアに留学した時にあちらの先生にも、違う曲ではありましたが聴いていただいて「あぁ、合っているね」と言われたりもして。とにかくロッシーニ、それからモーツァルトが好きなんですよね。だから、その「好き」という気持ちが見せられたらいいなと思っています。

−「好き」という熱意は、きっと伝わりますね。

そう願います。

−曲順としては、党さんの歴史を辿るように並んでいるのですか?

そうですね。まずこの曲、次にこの曲、と辿っていって、今の僕があるということをお伝えできればいいなと思います。

党 主税

−そして、気になるのは第二部。オペラ『スザンナの秘密』を、一本上演されるのですね。

気になりますよね、盛りだくさんの第二部です(笑)。この数年のあいだ、この“成果発表”のリサイタルというもののイメージをずっと考えていたのですが、「絶対にオペラはやる」と決めていたんです。一幕ものの、面白いオペラ。もともとオペラに興味を持って声楽を始めたものですから、オペラの中にいる自分というものが一番自分らしいというか。とても居心地がいいと感じるのです。なので、リサイタルでオペラをやるということは外せないな、と。

−オペラの中にいるのが居心地いい、ですか。

そうなんです。今回のチラシでも本当は自分の名前を出さず、「ジルです」なんて言いたいぐらいです(笑)。写真も、メイクして撮ったりして。

−役としているご自身が、自然な感じがするのですね。

自分自身でいる、というのが恥ずかしいのかもしれませんね(笑)。

−特にこの『スザンナの秘密』という作品を選ばれた理由というのは、何かおありですか?

そうですね、一時間以内で、登場人物も2、3人の一幕もののオペラというのはいくつかあるのですが、この作品は昔日本語でやったことがあって。そのときから、そのうちイタリア語で絶対やりたいと思っていた、という理由もひとつありますね。それから音楽は美しい、話はバカバカしい、というコントラストもいい。ご存知ない方にも、「オペラってこういう作品もあるのね!」と喜んでいただける作品だと思いますね。

−定番の人気作品も良いですが、こうした珍しいオペラに出会える機会も大変貴重ですね!オペラ歌手の薦める隠れた名作、楽しみです。

五島記念文化賞オペラ新人賞 党 主税リサイタル
ページ上部