1. トップ
  2. >
  3. 公演情報・チケット
  4. >
  5. CiaOpera!
  6. >
  7. Vol.18-藤田卓也 1

CiaOpera!

CiaOpera!(チャオペラ)Vol.18 藤田卓也
Vol.18 -
藤田卓也氏

高校球児から「トップ・テナー」へ。
カニオ役藤田卓也氏の、情熱と転身。

『道化師』のカニオのように、苦しみの果てに激しい感情をあらわにする役が得意だと感じている。それは、もともと自分が持つ性質なのかもしれない。現実と虚構のはざまで感情を制しきれなくなるベテラン道化師の悲劇性を、ご縁ある共演者とともに力の限り表現したい。山口県出身の自分にとって、藤原歌劇団で歌うということは、創立者・藤原義江氏とのご縁を感じる。野球少年から一転、音楽の道で行こうと決めた。これからも全力でお客様を楽しませたい。心に、全力で野球に打ち込んだあの頃の情熱を灯し続けながら。

今最も旬なアーティストのリアルな声や、話題の公演に関する臨場感あるエピソードなど、オペラがもっと楽しめること請け合いの情報をお届けする新コーナー「CiaOpera!」。第18弾は、2018年1月28日に藤原歌劇団本公演『ナヴァラの娘&道化師』の『道化師』へカニオ役で出演される藤田卓也氏に、役に対しての想いや共演者について、そして貴重な野球少年時代についてお話を伺いました。

現実と虚構のはざまで激化する、道化師カニオの感情を表現したい。

−本日は、まず1月27日・28日に東京文化会館にて上演される藤原歌劇団本公演『ナヴァラの娘&道化師』の2本立て作品について伺いたいと思います。藤田さんは28日に、『道化師』に道化師カニオ役として出演されますね。感情的にも大変な役だと思いますが、公演へ向けての意気込みをお聞かせいただけますか。

感情、大変ですね。途中までは、煮えたぎる感情を出したくても出せないで苦しむという場面もあり、それが最後に道化師として舞台に立つうちに現実と芝居とのあいだで錯乱し、自分の気持ちを暴露してしまう。気持ちを抑えている部分と、表に出て来たときの激しさというコントラストを、うまく表現したいなと思いますね。

藤田卓也

—このカニオという役は、以前にも演じられたことはありますか?

はい、あります。2009年に広島の方で演じました。本当は、声が成熟してきてから満を持してやる、というような役なんでしょうけど、広島で『道化師』を上演したいというご要望があり、僕もなんとかそれにお応えしたいと思いました。感情的な役ですけど、でも、自分には合っていると思います。発声的には大変ハードな役ですが、表現しがいのある役だなと。

—たとえばどんな部分に「表現しがいがある」ことをお感じになりますか?

もともと、何かに苦しまされて感情的に激しくなる役というのが得意なのです、どんな役でも。たとえば、ヴェルディの『アイーダ』のラダメス役では第一幕、第二幕の英雄的な場面は少し苦手で、第三幕で状況が悲劇的になり始めると、本領を発揮していると感じられるんです。“ヒーロー”って、なんだか恥ずかしくなってしまうんですよ(笑)。

—ヒーローが苦手なのですか!意外ですね!

だから、カニオのように最初から最後まであまり喜ばしいところのない役は、「自分の持ち場だな!」と感じますね。嬉しいとか、楽しいとか、ポジティブな表現は苦手かもしれません。自分でも未だに理由はわからないのですが、もともと性格的に激しい部分は持っているのかもしれません。僕は高校3年生まで野球をやっていたんですけど、ある試合で確実にセーフの場面で審判に「アウト!」と言われて、バーンと怒り心頭になり、叫んで抗議したこともありました。

—高校生まで野球を!それは、ぜひのちほど詳しく伺わなくてはなりませんね!
藤田さんにとって、この『道化師』という作品の見どころはどちらでしょう?

「現実と虚構」を見ていただける点でしょうか。そもそもオペラそのものが虚構ではあるわけですが、その虚構であるオペラのなかにさらに「現実と虚構」がある。ストーリーの終盤に芝居を上演する場面あって、カニオたちが生きている現実と、芝居の場面という虚構が両方あるというその事実が面白いように思います。それから、僕が演じるカニオという人間は、道化師としてすでに人生で何度も舞台を重ねている一座の座長なのですが、そんな人物が“自分”を抑制しきれなくなる、そういう感情的な瞬間を、お客様は目撃することになる。現実にはカニオの妻であり舞台でも相手役のネッダという女性が、一生懸命舞台を成り立たせようとするのですが、それがかえってカニオの暴走を煽って、結局殺人事件にまで発展してしまう。その悲劇性が見どころです。あと、最初の口上は、いいこと言っていますよ!一座のメンバー、トニオが歌うプロローグなのですが。われわれ舞台人としての気持ちをよく表していると思います。

藤田卓也

—それは、市井の人々の生活を題材にした「ヴェリズモ・オペラ」と呼ばれるジャンルの、標榜にもなっているといわれる有名なひと節ですね。最初から、見どころで始まるのですね。そして、言われてみれば確かに、カニオは自分を制し誰か他の人物を“演じる”ということをずっと続けてきたベテランですよね。そのベテランが自分を制しきれなかったということは、大変なドラマですね。

そうなんです。これは、先ほどお話した2009年に『道化師』をやったときの話なのですが、そのときは『道化師』のあとに『夕鶴』という日本オペラの公演もすぐあとにあったんです。で、その『夕鶴』の稽古に行ったら、僕の相手役のかたが、とは言っても稽古の最中にはおっしゃらなかったのですが、『夕鶴』の公演が終わったあと「実は藤田さん、『道化師』の公演が明けてすぐこちらの稽古に来たときは、すごく「カニオ」で、なんだかすごく怖かったですよ」なんて言われまして(笑)。それから、『道化師』の本番前にも相手役のネッダを演じるかたに「藤田さん、本気で殴らないでくださいね」と。あまりに感情をむき出しにする役なので自然と凄みが出てしまったのかなとか、そんな役を演じていることが多少私生活にも影響して、『夕鶴』の最初の稽古の雰囲気につながってしまったのかなとか。そんなことを思いました。

—それだけの凄みが出せるということは、まさに迫真の演技をされていたということですね。鬼気迫る藤田さんのカニオ、必見ですね。

そうですね。まずこの曲、次にこの曲、と辿っていって、今の僕があるということをお伝えできればいいなと思います。

ページ上部