1. トップ
  2. >
  3. 公演情報・チケット
  4. >
  5. CiaOpera!
  6. >
  7. Vol.40-佐藤美枝子 1

CiaOpera!

CiaOpera!(チャオペラ)Vol.40 佐藤美枝子 1
Vol.40 -
佐藤美枝子氏

佐藤美枝子氏と「ジルダ」。その尽きぬ情熱とこころざし。

一番歌っている役のジルダだが、回数や年齢を重ねるごとに歌の技術も感情表現も深まってきているはず。今回のポイントは、自分の歌唱的な持ち味と、演技的な持ち味の最もいいバランスをとりながら表現していくこと。歌への理解が深いマエストロの柴田氏、研修生時代から長年の付き合いとなる演出家の松本氏をはじめ、楽しくコミュニケーションし、よくディスカッションできる気心知れた共演者の方々と一体となってお客様にいいオペラを届けたい。イタリアでのジルダ・デビューで見たものは、厳しいオペラの世界。それでも、探究心を持って歌い続けていきたい。

今最も旬なアーティストのリアルな声や、話題の公演に関する臨場感あるエピソードなど、オペラがもっと楽しめること請け合いの情報をお届けするコーナー「CiaOpera!」。第40弾は、前回に引き続き2020年2月1日(土)、2日(日)に東京文化会館、2月8日(土)に愛知県芸術劇場で上演の藤原歌劇団本公演『リゴレット』において、ヒロイン・ジルダを演じる佐藤美枝子氏。歌手人生で一番歌っているというジルダ役への新たな意気込みや表現のポイント、共演者や指揮者、演出家とのコミュニケーションの大切さ、イタリアでのロール・デビューの思い出などを伺いました。

回数を、年齢を、重ねるごとに深まるジルダを見てほしい。

ー今回は、2020年2月1日・2日に東京文化会館にて、また8日に愛知県芸術劇場にて上演される藤原歌劇団本公演『リゴレット』で、1日と8日に悲劇のヒロインの「ジルダ」役を務める佐藤美枝子さんにお話を伺います。佐藤さんは、もう何度もこの役を歌われていると伺っていますが、今回また改めてこの役に臨むにあたっての意気込みをお聞かせいただけますか?

はい。ジルダは私がこれまでの歌手人生で一番歌っている役です。思い入れもあるので、こうして再び藤原歌劇団でジルダの役をいただけて嬉しく思います。そして、若い娘役ではありますけれど、歳を重ねた今だからこそ声や表現は20代、30代、40代に歌っていた頃より深まっているはずなので、もし以前私のジルダを聴いたことがあるという方にも、ぜひまたお聴きいただけたらと思います。同じ演目でも、指揮者や演出家の方によって音楽や世界観が全然違ってきますし、その違った世界観を経験していくことが私の糧にもなっているのです。

佐藤美枝子氏

2007年藤原歌劇団公演「リゴレット」(リゴレット:堀内康雄)

ー回数を重ねるごとに、技術や表現をどんどん追究されているのですね。今回の公演では、どんな点を表現のポイントにされるのですか?

まずは指揮者の方と音楽をつくっていくのですが、私はどちらかというとすごく感情移入をしてしまうところがありまして。もちろん大切なことですが、あまり入り込みすぎると歌声の”重さ”につながってしまうのです。今回のマエストロである柴田真郁さんは、私の声のこともすごく理解してくださっていて、その辺をとてもよくコントロールしてくださいます。役への理解が深まれば深まるほどやりたいことも増えてくるのですが、それを120%出すのではなく、うまく抑えたところで良いものを追求していく、と稽古中にもよくおっしゃっています。私の持ち味をすごくよく分かっていらして、それ以上のものを私が出そうとすると止めて、基本に立ち返らせてくださるので、私自身も大変勉強になっています。

ーでは、歌と感情のバランスを取るという点が、今回のポイントなのですね。

そうですね、バランスを追求して、それぞれ一番良い表現を引き出せるようにしたいと思います。

佐藤美枝子氏

ー音楽的にも感情的にも深みのある、魅力的なジルダになりそうですね。佐藤さんが考える、このオペラの見どころはどちらでしょう?

それはやっぱり、父親の娘に対する深い愛情ゆえに、悲劇へ向かっていってしまうというそのドラマだと思います。その悲劇の中で、ジルダの純粋な気持ちも結局は踏みにじられてしまうわけですが、踏みにじられていると分かっていてもなお、自分の愛を貫く芯の強さやひたむきさが、ジルダとしてお客様に伝わるよう演じられればいいなと思っています。

ーなるほど。やはりこのオペラの物語が持っているドラマ性と、悲劇の中でも凛としたジルダの強さが見どころと言えそうですね。それにしても、すごく激情的なドラマですよね。

そうですね。やはり悲劇はすごく心が揺り動かされるものですよね。喜劇の場合、お客様には「楽しかった!」といって帰っていただけますが、悲劇はそこに込められた内容がものすごく深いので、その深さに感動していただけると嬉しいですね。もちろん、マイクを通すのではなく、体を使った楽器としての”声”も楽しんでいただきたいのですが、「歌い手の誰々さんが良かったよね」というのはコンサートで良い、と私は思っていまして。オペラはやっぱりドラマがあるので、その中にグッと入り込み、いろいろな役に共感したり、感情を動かされたりして楽しんでいただくのが醍醐味だと思います。ぜひ、物語の世界に浸っていただきたいです。

ー娘を思うリゴレットの気持ちや、愛する人を一途に想うジルダの気持ちなど、共感できる心情も多そうですよね。どっぷりと入り込んで楽しみたいと思います。

ページ上部